モバイルWIFIレンタル 国内用ポケットWIFIはみんなのWi-Fi【公式】

みんなのWifi

よくある質問

当日発送も可能!

ポケットwifiレンタルならみんなのwifi601HWお買い得です

    長期レンタルキャンペーン
ポケットwifiレンタルの選び方 ポケットwifiレンタルの選び方 ポケットwifiレンタルの選び方 ポケットwifiレンタルのご利用期間を延長する ポケットwifiレンタルのご利用期間を延長する ポケットwifiレンタルを法人契約で利用する
RSS
 

Wi-Fiとは? <Wi-Fiの仕組みやメリット、利用時の注意点など>

Wi-Fiとは? <Wi-Fiの仕組みやメリット、利用時の注意点など>

Wi-Fiは最近では自宅やオフィス、商業施設や街中などのいたるところで利用できるほどに広がっています。 一般的なものとなりつつあるWi-Fiですが、それが一体どのようなものかを詳しく理解している人はあまり多くないのではないでしょうか。 今回は、現代社会の生活に欠かすことのできないWi-Fiの仕組みやメリット、さらには利用時の注意点などについて解説します。

目次

  1. Wi-Fiとは?
  2. Wi-Fiはどんなところで利用できる?
  3. Wi-Fiのメリットは一体どんなものがあるのか
  4. Wi-Fiを利用するときの注意点
  5. Wi-Fiルーターをレンタルして低コストで運用可能
  6. Wi-Fiレンタルを活用してインターネットを利用
  7. WiFiルーターをレンタルする際のメリットについて
  8. WiFiルーターをレンタルする際の注意点について
  9. WiFiルーターをレンタルするときの基本的な流れ
  10. WiFiレンタルサービスを選ぶときのポイント
  11. まとめ
wifi

1 Wi-Fiとは?

今では生活の中で当たり前のように使う「Wi-Fi」ですが、「なんとなく使っている」という方も少なくないのではないでしょうか。 まずはWi-Fiの基本的な知識について解説しましょう。

1.1 Wi-Fiの基礎知識

“Wi-Fi” という名前の由来

Wi-Fiという名前は、「Wireless Fidelity(ワイヤレス フェデリティ)」の略称で、「ワイヤレス機器の相互接続性を保証されている」という意味から来ています。 しかしながら実はこれ、後付けされた理由ともいわれているのをご存知でしょうか。 実は、Wi-Fiという言葉自体に意味はなく、高音質オーディオシステムの「Hi-Fi」から来ているのではないかと言う説もあり、当時はキャッチーな感じだからという理由でそう名付けられた、とも言われているのです。

Wi-Fiはこんなことができちゃう

Wi-Fiはスマホ・PC・携帯端末機などのネットワーク接続に対応している機器であれば、無線でインターネットに接続可能にする技術です。 つまり、電波が届く範囲内であれば、LANケーブルを機器に直接繋がずとも、どこでも自由にインターネットを楽しむことができるのです。

Wi-Fiと無線LAN

Wi-Fiと無線LANとを同じように感じる人は多いのではないでしょうか。 しかし、実はWi-Fiと無線LANは別物です。 無線LANとは、ルーターと呼ばれる機器を介してワイヤレスで電子機器とネットワークとを繋ぐシステムのこと。 対して、Wi-Fiとはルーターなどの電子機器が相互接続可能であるのを保証するマークであり、ブランドなのです。 つまりWi-Fiは、無線LANの一種、と言うわけですね。

Wi-Fiを使用するには

自宅でWi-Fiを利用するには、まずプロバイダーや回線事業者と契約する必要があります。 インターネットが使える環境を整えたのちに、インターネットと電子機器をつなぐための「Wi-Fiルーター」を使用することで、Wi-Fiを利用する事が可能になりまです。 近年では街中やお店など、無料Wi-Fiが設置されているところが増えました。 それを利用したい場合は、設置されているWi-Fiのパスワードの入力、または無料Wi-Fiに接続するためのアプリのダウンロード、サービスの登録などが必要となり、画面の案内に従い設定を行えば接続できます。

2 Wi-Fiはどんなところで利用できる?

Wi-Fiの基礎知識について見てまいりましたが、ではそのWi-Fiはどのような場面で利用できるのでしょうか。 今度は利用することができる場所を見ていきましょう。

2.1 Wi-Fiが利用できるスポットって?

wifiが利用できる場所

Wi-Fiルーターを設置した家

プロバイダーの契約を済ませ、なおかつインターネット環境を整えているご家庭では、Wi-Fiルーターを設置すればWi-Fiを利用できます。

公衆Wi-Fiルーターが設置してある場所

空港、カフェ、レストランなど、比較的人が多く集まりやすい場所には、「Wi-Fiスポット」があるところが増えてきました。 こういうところでは、Wi-Fiマークが目立ちやすい場所に設置されているのでぜひ探してみてください。 なお、スマートフォンでWi-Fiをつなぐ場合、利用することのできる携帯電話会社が限定されていることもあるので注意しましょう。

FON(フォン)が設置されている場所

FON(フォン)とは、無線LANを利用することで世界中の会員相互同士でインターネットアクセスを共有するシステムのこと。 また、それを提供する企業のことも指します。 この世界最大級のWi-Fi(無線LAN)コミュニティは、世界約150カ国のメンバーが利用しており、Wi-Fiスポットの数は世界中で2,300万カ所を超えていることで有名です。 Wi-Fiをお互いに共有することをコンセプトの趣旨としており、FONの会員メンバーが増えれば増えるほど、利用できるFONスポットが増えていき、あらゆる場所で気軽に無料でインターネットにアクセスできるようになります。

3 Wi-Fiのメリットはどんなものがあるのか

Wi-Fiはあらゆる場面で利用することができます。 今度は、Wi-Fiを取り入れることでどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

3.1 Wi-Fiのメリットとは?

wifiでデバイスの配線がすっきり

複数のデバイスからの同時接続が可能

有線LANでの接続の場合、電子機器1つにつき1本のケーブルが必要となります。 しかし、Wi-Fiなら、電波が届く範囲内であれば、機器により多少異なりますが、同時に複数の電子機器がインターネットに接続が可能なのです。

場所を気にせずインターネット接続が可能

Wi-FiはLANケーブルを使用しないので、一定の範囲内なら、歩き回るなど移動しながらでも気にせずインターネットに接続できます。

配線がスッキリする

ケーブル不要でインターネット接続ができるので、デスク周りなどが配線でごちゃごちゃすることがありません。 また何かの拍子でケーブルが外れ、インターネット接続が遮断される心配もなくなります。

スマホのデータ通信容量を節約

Wi-Fiのメリットといえば通信容量の節約ではないでしょうか。 動画やゲームなどで激しく消費量が増えてしまい、大容量契約していても、不足してしまうことがあります。 しかし、Wi-Fiを使ってダウンロードを行えば、その分の通信容量を節約でき、結果として通信料全体の節約につなげられるというわけです。

4 Wi-Fiを利用するときの注意点

wifiを利用すると

Wi-Fiは非常に便利ですが、利用するにあたり、ときに注意しなければならない点もあります。 次にそのポイントについて見ていきましょう。

4.1 Wi-Fi使用時の注意点

通信が不安定な場合がある

Wi-Fiは電波を利用して接続するため、有線LANとは異なり、通信速度の低下や途切れなど、通信が不安定になることがあるのです。 通信が安定しない理由としては、家電製品が障害物となっていたり、同じ周波数を有する電波の干渉の影響を受けていたり、ルーターとの距離が遠いことなどが考えられます。 もしそういったことで通信に影響が出ているなら、Wi-Fi接続する機器と家電の距離を考慮したり、Wi-Fiルーターの設置場所を変えたりなど工夫してみるとよいでしょう。

セキュリティの不安

Wi-Fiは電波で接続するので、集合住宅などの密集地では、近隣の人に自宅に設置されたWi-Fiを利用されてしまう可能性がないわけではありません。 しかし、ルーターには一般的にパスワードが設定されており、そのパスワードが漏れなければ無断で繋げられてしまうことはまずありません。 しかし、パスワードは当然のこと、電波も漏れないように工夫するほうがよいでしょう。また、街中で利用できる公衆Wi-Fiでは、通信の盗聴や覗き見される可能性も少なからずあります。 例としては、有名企業の名前や公共施設を語ったアクセスポイントに誘い込み、個人情報を盗むというようなケースがあります。 安易にアクセスせず、しっかりと安全を確認しながらつなぐことを意識しましょう。

wifiで複数のデバイスに接続

5 Wi-Fiルーターをレンタルして低コストで運用可能

Wi-Fiルーターをレンタルすれば、複数のスマートフォンを同時にWi-Fiに接続できます。 この場合、キャリアを通さないので結果的にデータ通信量を抑えることが可能です。 据え置き型のWi-Fiルーターなら、固定回線をルーターに接続することで使用できます。 モバイルタイプのWi-Fiルーターの場合は、持ち歩けるのでどこでも場所を選ばずに使用できます。 スマートフォンを複数持っている方や、家族で住んでいる方、子ども用のスマートフォンの購入を考えている方は、是非Wi-Fiルーターの利用を検討してみましょう。

6 Wi-Fiを活用してインターネットを利用

現在では、Wi-Fiは、インターネットを使う上で欠かせない存在になりました。 Wi-Fiを利用することでスマートフォンのデータ通信量を節約できるので、動画や音楽、SNSなどを好きなように楽しめます。 Wi-Fiのセキュリティに気をつけながら、うまく活用する事で快適なインターネットを楽しみましょう。

7 WiFiルーターをレンタルする際のメリットについて

Wi-Fiルーターはレンタルすることもできます。 そのメリットはなんでしょうか。 ここでは5つのメリットをご紹介します。

7.1 Wi-Fiルーターレンタル時のメリット

wifiで屋外でも安心

料金が定額になる

Wi-Fiルーターをレンタルするメリットの1つめ。 それは、料金が定額になることです。 よくある回線契約では、お得になるのは1年目だけとか、3年経つと料金が高くなったりと、料金が変動する事があるのです。 一方、レンタルなら、利用日数を事前に決めて利用できるんです。 料金は、基本的には定額ですので、後から料金が高くなるということがなく、安心して利用できます。 Wi-Fiをレンタルする際にかかる総額が把握しやすいので、端末やWi-Fiレンタルサービスを予算に応じて選ぶこともできます。 予定はあくまで予定ですから、事前に決めた利用日数よりも長くなってしまっても大丈夫。 追加料金を支払うことでレンタルの日数も延長する事ができます。

セキュリティー面でも安心して使える

Wi-Fiレンタルのメリットは、やはりセキュリティーの安心感が高いという点。 たとえば、大きな駅や新幹線なら、だいたいどこでも便利なフリーWi-Fiがあります。 これらは、オリンピックが決まってから急激に普及し、使用可能なエリアもどんどん増えつつあります。 そのため、「フリーWi-Fi」で十分事足りると考える人も多いのですが、無料Wi-Fiは不特定多数の人が利用できるためどうしてもセキュリティー面でリスクがあります。 一番恐ろしいのは安全じゃないフリーWi-Fiに接続してしまったとき。 通信した内容がすべて見られてしまう可能性もあるため、個人情報漏洩の危険があるのです。 Wi-Fiルーターなら、Wi-Fi端末に記載されているパスワードを利用してインターネットに接続するので、不特定多数の人に利用される心配がありません。 通信内容が見られることもありませんし、当然個人情報が流出する心配も不要。 どこでも安心して利用する事ができるのです。

工事不要ですぐに使える

Wi-Fiルーターのレンタルなら、工事が不要ですぐに利用できます。 例えば、固定回線を利用する場合、回線開通のために工事を行います。 当然ながら、そこに工事費が発生します。 工事費が思いのほか高くついたり、工事に時間が多くかかってしまったりとする可能性もありますよね。 そのため、契約を結ぶにあたり、自分の都合を契約する会社に対して合わせていき、日程を定める必要があるのです。繁忙期なら1か月もかかることがあり、このように回線を通すことに多くの時間を割いてしまうのです。 それに対し、回線工事が不要のWi-Fiルーターレンタルなら、ルーター本体が到着次第、パスワードを入力するだけでインターネットにつながります。 時間も手間も少なくて済むこの便利さが、メリットの一つといえるでしょう。

複数接続ができる

Wi-Fiルーターのメリットには、他にも複数の機器が同時に接続可能なことが挙げられます。 パスワードさえ共有していれば、一台Wi-Fiルーターがあることで、家族全員が利用可能になるわけです。 そのため、旅行に行くなら、Wi-Fiルーターを一台レンタルしておけば、家族全員で使えるので非常に便利。 快適なインターネットライフはスマートフォンのみならず、パソコンからタブレット端末、そしてゲーム機器まで、あらゆる機器に対応。 仕事やゲームをしながらスマートフォンで何かを調べたい、ということも可能なのです。

通信速度が安定している

フリーWi-Fiの場合、心配なのは、やはり接続が不安定で、速度が遅くなるなどの状況に陥りやすい点です。 しかし、Wi-Fiルーターは通信が安定しており、そこもメリットの一つでしょう。 フリーWi-Fiでは、それこそ多くの人が接続利用しているので、どうしても速度は低下します。 不安定な状況が強いとはじめからフリーWi-Fiに繋がらないこともあり、接続状況にイライラしてしまうことも多々あるでしょう。 そのような問題をWi-Fiルーターなら解決できる。 Wi-Fiルーターの接続範囲なら、安定した接続状況でストレスなくインターネットを利用できます。

>

8 WiFiルーターをレンタルする際の注意点について

ここまでにメリットについて見てきましたが、Wi-Fiルーターのレンタルでも注意点がいくつかあります。 一つずつみていきましょう。

8.1 Wi-Fiルーターレンタルで注意すること

返却のことを考えておく

レンタルのWi-Fiルーターは、レンタル期間が終われば、当然ですが端末を返却しなければいけません。 自分自身で返却の手続きをする必要があり、たとえば、借りた店舗に出向いて直接返却したり、宅配で返却するという方法が一般的です。 空港でレンタルした場合、返却するときカウンターがわかりづらいところにあったり、空港内は広いので、探すのに時間がかかることもあります。 この場合は事前に返却場所を確認しておくとよいですね。

レンタル料以外の料金の発生

Wi-Fiルーターの利用料金は基本的には定額です。 オプションをつけることでそれ以上の金額が発生する事もあります。 また、宅配でWi-Fiルーターを受け取ったり、返却したりする場合は、別途送料がかかる点も覚えておきましょう。 充電器のレンタルは無料のところもあれば、有料の場合もあります。 Wi-Fiレンタル料以外にも費用が発生する事を認識しつつ、端末料金だけではなく、オプションなどを含めたトータルの料金で比較するのがよいですね。

破損させたら、修理費用がかかる

思わぬ事故でWi-Fiルーターが破損、結果使えなったという場合、どうなるか。 その場合、修理費用が発生する事があります。 修理費用は、ルーターの種類によって異なり、またWi-Fiレンタルした会社によっても変わってきますが、一般的に機種を破損させたら数万円かかります。 そのため、丁寧に扱うように心がけるべきですね。 オプションには補償制度などもあるので、万が一の場合に備えて加入しておくほうがよいでしょう。 補償制度によりますが、破損したとしても修理費が免除されることもあります。 加入に追加で料金はかかりますが、安心には変えられませんね。

契約するより月々の支払いが高い傾向がある

Wi-Fiルーターのレンタルをする場合、月々の料金相場は、プランや端末にもよりますが、だいたい月6000円程です。 が、レンタルではなく契約するとなると、料金相場は月2000~4000円程度に抑えられるんです。 レンタルと契約で月最大4000円もの差が出るなんて、大きいと思いませんか。 どういうことかというと、2~3年など長期でレンタルする場合なら、ですが、契約した方がお得なのです。 ポイントは、安い端末をえらぶこと。 これで、費用をさらに安くできます。 しかし、長期レンタルでは基本的に途中解約をすると契約解除料が発生するので注意しましょう。 1年程度の期間なら、レンタルの方がお得です。 利用期間により、契約なのか、レンタルなのかを精査して選ぶのがおすすめです。

10  WiFiレンタルサービスを選ぶときのポイント

数あるレンタルサービスの中から、どのように選べばいいかわからない方向けに、確認したいポイントについて、解説します。

10.1  WiFiレンタルサービスの注意点

国内と海外の対応状況を確認する

Wi-Fiレンタルサービスの中には、海外で利用が可能なWi-Fiルーターだけを取り扱っているところもあります。 まずは、どのような場面でWi-Fiルーターを利用したいのか、目的を明確しておくとよいでしょう。 たとえば、海外旅行の間だけ利用したいのなら、国内対応していないWi-Fiルーターを選んでも問題はありません。 しかし、国内だけでなく海外利用もしたいのであれば、海外対応だけのWi-Fiルーターでは意味がありません。 国内にも同時対応している端末を取り扱っているレンタルサービスであれば、日本でも海外でも問題なく利用できるので安心です。

料金体系はわかりやすいか

Wi-Fiルーターをレンタルするときに、一番重要なのは料金だと思います。 料金体系がハッキリしているのかについても、重要な判断ポイントになります。 料金体系が複雑だと、利用時の料金が把握しにくく、思いがけず高くついてしまう可能性もありますよね。 そのような事を避けるため、わかりやすい料金体系のレンタルサービスを選択しましょう。 たとえば「1日500円」「1月5000円」といった利用日数に応じたわかりやすい料金体系を提示しているところがおすすめです。

サポート体制が充実しているか

Wi-Fiルーターのレンタル中にトラブルが起きたり、故障したりしたときに、サポート体制が充実していると助かりますよね。 事前にサポート体制の充実度がどの程度なのかをホームページなどで確認しつつ、レンタルの検討を行うのがおすすめです。 たとえば、破損した場合の補償制度がなければ、多額の修理費を請求される可能性があります。 万一の事態も考えて、「どんなサポートがあるのか」「補償制度などのオプションがついているのか」などを確認しておくとよいでしょう。

11 まとめ

ここまでWi-Fiに関する基礎知識や利用できる場所、メリットや注意点などについて見てきました。 ケーブルを気にすることなくしかも複数台同時に接続でき、スマートフォンならキャリアを通さず接続できることで通信料を節約できるなど、手軽に利用できるWi-Fiルーターの利用は大きなメリットがありますが、家の外や旅先でWi-Fiを使いたい場合、街中のフリーWi-Fiの利用が可能ですが、接続が不安定だったり、セキュリティに問題があったりと少なからず注意点は存在します。 その点を解決してくれるのが、Wi-Fiレンタル。 利用期間に応じてWi-Fi機器をレンタルするのか契約かを決めることで、料金費用を抑えることができます。 そして、事前にサポート体制や補償内容を把握し、安心して利用できるようになります。 あなたの都合にあった最適なプランで、快適なインターネット生活を送りましょう。

Shopping Information
お支払いについて
・クレジットカード
お支払い回数は1回払いと分割払い、リボルビング払いがご利用いただけます。
・代引
※カード決済以外の場合、1台につき1万円の保証金が必要になります。設備紛失と未納延期料金等がなければ、銀行振込で全額返金致します。
保証金は事務手数料と一緒に決済しますので、ご注意ください。
保証金のご返金は、お客様から口座情報のご連絡をいただいてから、水曜日締めの翌週金曜日に行います。
詳しくはこちら
 
携帯ドメイン指定について
お客さまからのお問い合わせ時など、当店からメールにて返信させていただく場合、メールエラーで戻ってきてしまう(送信できない)場合がございます。

理由としましては、携帯メールアドレスのドメイン指定などの受信設定をされている場合が多く、またメールアドレスの入力間違いなども考えられます。

ご注文(お問い合わせ)後、当店よりメールが届かない場合は、お手数ですがwifi@microinnovation.jpまで、ご利用可能なメールアドレスよりご連絡くださいませ。
 
配送について
お届けは、ヤマト運輸を利用します。

・クレジットカード、代引き:15:00までのご注文で当日発送いたします。
発送後のキャンセルは送料を差し引いた金額の返金となりますので、ご注意願います。
キャンセルのご連絡は発送日15時までにお願い致します。

・銀行振込(延長時のみ): ご入金確認後に発送いたします。

配送時間帯
ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。
詳しくはこちら
 
プライバシーポリシー
・当社では、お客様から頂きました個人情報については、当サイトの円滑な利用及び配送業務に使用させて頂くこと以外、第三者に漏洩することはございません。


個人情報のお取り扱いについて
 
返品について
・商品管理には十分留意しておりますが、万一初期不良品であった場合、または、ご注文の商品と違う場合、商品到着後、一週間以内に当社までご連絡をお願いします。
当社にて確認後、良品または正品と交換させていただきます。

・お客様のご都合(色・画像の位置などのイメージ違い、機種変更など)による返品は、お受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

・お客様ご都合による返品は、送料無料商品の場合でも、当店からお送りした際の送料、当店への返送の際の送料・手数料はお客様のご負担とさせて頂きます。

返品の住所:
550-0004 大阪府 大阪市西区 靱本町 3-8-6
奥内ビル2F
株式会社マイクロイノベーション

 
お問い合わせ
商品やお届け等についてのご質問は、メールまたはお電話でどうぞ!心を込めて迅速に対応させて頂きます。

●営業時間
・お電話/メールでのお問合せ
平日09:00~17:00(土日祝日・当社休業日は除く)


電話: 06-6450-8018
メール: wifi@microinnovation.jp

・ご注文受付
24時間WEB自動受付

・発送
10:00~16:00(当社指定休業日以外)

ポケットwifiのレンタルなら国内格安「みんなのWifi」(TOP) コラム

 
横線

ページトップへ