初めての方のWi-Fi接続方法

スマホを持っている方は、Wi-Fiを活用するといいでしょう。スマホの場合、1か月に通信できるデータ量が決まっています。それを超えてしまうと、通信制限がかかってネットにアクセスするのにかなりの時間がかかります。しかしWi-Fiを利用すれば、自分の高速通信分のデータを温存できます。つまり通信制限のかかるリスクが少なくなって、スマホで快適にネット検索などもできます。

接続方法はそれほど難しくない

では具体的に端末をWi-Fiにつなげるにはどうすればいいでしょうか?初心者にとって不安に感じるでしょうが、それほど難しくはありません。まずパソコンの画面の右下にネットワークアイコンがあります。携帯電話のアンテナや波動のようなデザインのアイコンがあるはずです。このネットワークアイコンをクリックすると、その場で接続可能なネットワーク名がいろいろと出てきます。その中で接続したいネットワークの部分をクリックします。そうするとパソコンが接続の手続きに入ります。この時パスワードを入力するよう要求してくる場合もあります。指定されたパスワードを入力すると、ネットに接続できます。ちなみに店舗内などフリーWi-Fiのサービスを行っているところもあります。この場合オープンでパスワードなしでアクセスできるものもありますので、クリックすれば自動的に接続できます。問題なくアクセスできると、選択したネットワーク名の下に「接続済み」というメッセージが出てきます。こうなるとexplorerやChromeのアイコンをクリックすれば、ネットにアクセスできようになります。フリーWi-Fiの中にはホームページにアクセスして、そこでIDやパスワードを入力するように求められることもあります。その場合には割り振られたIDやパスワードを入力すれば、その後は好きなホームページに自由にアクセスできるでしょう。
スマホの場合には、「設定」などのアイコンをクリックすると「Wi-Fi」のメニューが出てきます。そこをタップすると、接続できるネットワーク名の一覧が出てきます。そしてアクセスしたいネットワーク名をタップして、あとはパソコンと一緒でパスワードなど必要な情報を入力すれば接続できます。

アクセスできない理由はどこにある?

Wi-Fiにアクセスしようと思ったところ、なかなかつながらないという問題が発生することがあります。その場合はまず設定に問題がないか確認することです。自宅で使用する場合、一度接続の設定をすれば2度目以降は問題なくつながるでしょう。しかしカフェや空港、ホテルの中でのサービスを利用する場合、SSIDやパスワードなどの入力ミスの起きている可能性があります。もしつながらないようであれば、もう一度設定するところから始めてみるといいです。
接続できているはずなのに、なかなかホームページなどのダウンロードが進まないというトラブルはありませんか。その場合には電波の状況の悪い可能性があります。パソコン・スマホの機種によって若干異なりますが、ネットワークアイコンを見ると接続状況がわかります。イメージとしてはスマホの電波の状況に似ていて、アイコンが3~4段階で表示されます。すべてが明るくなっていれば十分な電波の強さが確保されています。もし暗くなっている部分がある、もしくは多ければ電波の受信状況が悪くなっています。電波が弱いのであれば、少し場所を移動してみるといいでしょう。特に電子レンジをはじめとした電磁波を出すような家電が近くにある場合には、そこから離れたほうがいいです。電磁波を強く発するところだと、Wi-Fiの電波を受信しにくくなるためです。
Wi-Fiスポットでも接続できない場合もあるでしょうが、それが各携帯キャリアのスポットの場合には注意が必要です。無料でWi-Fi利用できると書かれているかもしれませんが、携帯キャリアの場合あらかじめ契約をしておく必要があります。もし契約がなければ、接続そのものができないので勘違いのないように注意しましょう。

退屈な入院生活中に楽しみたいインターネットについて

話をする方もいますが、ずっと話ばかりしていても退屈なものです。こんな時にはどうやって時間をつぶしたらいいのでしょうか。まず大きな病院では図書館が完備されていることがあります。そんな時には図書館に行ってみたり、また気に入った本を借りてもいいでしょう。しかし一般の図書館とは違うので置かれている本も多くありませんし、自分の読みたい本が見つからないかもしれません。またコンビニで本や雑誌を買ってくるといったこともできますが、退屈な時にはじっくりと本や雑誌を読んでも、数時間で読み終わってしまいます。そのたびに新しい本を購入するのももったいないものです。
今ではスマホを持っている方も多くいますが、病院でずっとスマホを使用していると契約しているプランの通信量をあっという間に超えてしまうことがあります。またパソコンを使ってインターネットができれば退屈な時間も快適に過ごすことができることでしょう。しかし病院ではWi-Fiを完備していないところもあります。そんな時に活用したいのがルーターのレンタルです。購入する必要がなく、必要な期間だけ利用することができるので、無駄な料金を支払う必要がありません。また契約するのも簡単なので、病院で退屈している方が多く利用しています。Wi-Fiがあれば長い病院での生活でも退屈することがありません。特に安静にしていないといけない方はあまり動いてはいけないため、Wi-Fiを利用してスマホで体をあまり動かさないで暇な時間を埋めるようにするといいでしょう。

入院中に利用できるWi-Fi

病院で入院をすると退屈しのぎにスマホをすることも多いでしょう。またモバイルルーターを使用してパソコンでインターネットを楽しむ方も結構いるのではないでしょうか。しかしスマホの契約プラン分の通信量を超えてしまう、またモバイルルーターがないという方はネットをすることができません。そんな時にはルーターをレンタルしてWi-Fiを利用するといいでしょう。特に長く病院にいないといけない方は暇な時間が多くあるので、ネットができるようにすることをお勧めします。ただ実際に借りる際には面倒なことはないのでしょうか。
通常モバイルルーターをレンタルする場合にはショップのサイトから注文を行います。これはパソコン上でもスマホからでもできます。24時間いつでもできるので、急な入院になった時でも問題なく注文を簡単にすることが可能です。注文をしてしばらく経過するとルーターが届きます。ルーターを手にした時点からすぐに利用することができるため、実際に注文してからネットを楽しめるまでの時間はとても短いといえるでしょう。また退院をすると同時にルーターの返却をするようにプランを考えた場合、退院すると同時にポストなどに返却をするだけです。このように借りるのも返却するのもとても簡単なので、面倒なことは一切ありません。ただ料金に関して高いのではないかと思っている方もいることでしょう。レンタルサービスをしている会社によって料金は異なっていますが、ただ数日の利用ならリーズナブルですし、長期レンタルする場合には、長期レンタルプランがある会社を選択すると、よりリーズナブルに利用ができます。

手軽で便利なWi-Fiレンタル

入院中は退屈に感じてしまう方もいますが、ただ自分だけの時間を十分に確保することができると考えればメリットと言い換えることもできるのではないでしょうか。暇をしているときにインターネットができるようにすると、忙しい時にはできなかったショッピングや情報収集などができます。また懸賞に応募するなど、ネットをしながらいろんなことをして楽しむことができます。このようなことができるためにはWi-Fiが使用できる環境にしなければなりません。入院中に便利に活用したいものとしてモバイルルーターがあります。これは手軽で便利なポイントが多くあるので、病院で退屈する方には積極的に使用してほしいアイテムなのです。
レンタルのモバイルルーターの便利な点として、一般用のように年間契約をする必要がないという点です。必要な期間だけ使用することができるため、料金を無駄に多く支払う必要がありません。また一般的にこのサービスを提供している会社では初期費用の支払いもありません。さらに通信費も不要なので、完全にレンタル料金だけを支払えばいいということになります。そのため料金プランを初めて見るような方でも複雑な計算方法などにはなっていません。良心的なのでとても安心です。またこのサービスを提供している会社が住んでいる地域になくても問題ありません。ネット上で注文をして、返却は郵送で行うというものが多いため、全国どこからでも簡単に注文をすることができません。実際にモバイルルーターのレンタルを利用しようと思った方は、良心的な料金と利用が簡単な会社を選んで利用するようにしてください。

出張や帰省などの際に便利なWi-Fiレンタルサービス

さらに、新たにインターネット環境の使用契約を結ぶにあたっては、通信速度にも気を配ることが大切です。契約してから、通信速度が不足していることに気づいた場合、無駄なコストや時間、エネルギーを負担することとなってしまうので、注意する必要があります。そのようなリスクを回避するためには、契約する前にきちんと情報収集して調べておく必要があります。

Wi-Fi環境をレンタルしてくれるサービスについて

出張や帰省、就職活動などに際して、Wi-Fi環境のレンタルサービスを利用することを検討するのであれば、電波の届くエリアや、通信速度もチェックポイントになります。また、新しく登場した端末に興味・関心を惹かれるものの、実際に使ってみた経験がないので必要な情報が不足しているという方もいるのではないでしょうか。お試し感覚で利用することのできるサービスであれば、それらの事柄を事前に確認し、納得した上で契約を取り交わすことができます。結果、エリアや速度に満足できなかった場合でも、その段階で取引をキャンセルすれば、無駄なコストや時間、エネルギーを負担しなくて済みます。その点もレンタルのメリットとなります。
また、住居を移転し、新しい住まいでインターネットの接続環境が整うまでにある程度時間がかかる場合、その間だけWi-Fiレンタルサービスを利用するというのも一つの方法です。そして、次に引っ越しをする時期が決まっていないので、解約手続きにかかる手間暇の負担が軽いサービスを利用したいという場合にも、Wi-Fiレンタルサービスの利用がおすすめです。
これからWi-Fiレンタルのサービスを利用するにあたっては、不測の事態が発生した場合に備えて、保証サービスの利用契約を結んでおくのも選択肢の一つです。具体的には、レンタルされている端末の水濡れや故障、紛失などの問題が発生した場合でも、事前に保証契約を行っていれば、定められた取り決めの範囲内で損害金額を補填してもらうことが可能となります。

レンタルWi-Fiのサービスを利用するにあたって

外出している時に、インターネット環境を使用したいという場合には、Wi-Fiレンタルのサービスを利用するのも良いでしょう。中でも、バラエティー豊かな商品をラインアップし、流行の機器も取り扱っている業者は、幅広いシーンで活用することができます。
次に、Wi-Fi環境を構築するための製品には、自宅やオフィスに設置するタイプのほか、携帯することのできるタイプも存在します。その内、自宅などに設置するタイプの製品は、プロバイダーと回線の使用契約を結び、設置工事を行うことにより、その建物内で利用することができるようになります。その一方で、持ち運べるタイプの製品は、屋外に出かける際、手軽に携帯することが可能です。
出張や帰省などに際して、Wi-Fiのレンタルサービスは、気軽に、便利に使用することができます。例えば、出張先で仕事を進めたり、帰省先で趣味に興じたりする場合、Wi-Fiレンタルのサービスを利用してみるとその良さが分かります。レンタルの場合、契約期間が短く設定されているため、短期間の利用に際しては、必要な時だけWi-Fi環境を使用することができ、無駄なコストなどが発生するリスクが低くなります。
また、引っ越し先の住まいで、インターネットの設置工事が完了するまでにタイムラグが発生する場合も、Wi-Fiレンタルのサービスが役に立ちます。移転先の住居でネット回線の開通工事をするためには、プロバイダーに依頼し、スケジュールを調整する必要があります。そのような場面で、工事の申し込みが混雑していて、自分にとって都合の良い日時の予約がなかなか取れない場合、工事が完了するまでに長い時間がかかる可能性も生じてきます。そうした状況の中でも、Wi-Fiレンタルサービスを活用すれば、工事不要でネット環境を使用することが可能になります。

スマホ料金を節約するならWi-Fiが欠かせない

Wi-Fiを利用すれば、大手キャリアの定額プランの通信量上限などを気にすることなく、いつでもゲームや動画を楽しむことができます。家の中でももちろんスマホ料金の節約にもなりますし、ハードユーザーの方にとっては、画像などを途切れることなく見ることができる最高のアイテムとなるはずです。

ところでWi-Fiってどんなもの?

ところでこうしたことに弱い人にとってはWi-Fiってなんだ?と思うかもしれませんが、これも無線LANの一つです。Local Area Networkという規格名称で、無線LANと同じ意味として利用されていることが多く、パソコンやスマホなどでインターネットを活用する時、LANケーブルなどなしで、つまり有線ではなく無線で活用できるという技術のことです。
公共の場でもWi-Fiを利用できるところがあるので、インターネットを外出先でもサクサク利用でき、日々の生活がかなり便利になります。通常、スマホの回線よりも通信速度が速いので、ネットの動画なども非常に滑らかに見ることができますし、画像などのデータ量が多いサイトをスピーディに開きたいという時にでも、スマホからWi-Fiを通じ接続する方がより速く接続されます。
今までスマホ料金を節約したくても、動画などをみるため、定額プランなど費用が高いプランを利用していた人が多いと思います。しかし、こうした便利な通信ができるようになってからはスマホ料金を節約するためにも、Wi-Fiを利用して通信を行うようにし、キャリア側の通信量は利用しないようにしている方も多いです。これによって料金も安くなりますし、使用量上限に引っかかることもなく快適に動画などをみることができるようになったのです。
こういう技術を利用することはとても難しいと思う方も少なくないのですが、今は接続に関しても非常に楽になっていて、個人でも簡単な設定で済みます。それでも不安な方は無線LANのルーターなどを購入されるとき、家電量販店の方に依頼してしまうのも一つの方法です。

接続も簡単、外出先でもサクサク利用できる

通常無線LANのルーターには裏側、側面にSSID、暗号化キーがかかれています。KEY、WEPキーと書かれている場合もあります。こうしたラベルが貼られているので、SSIDが自宅の名前、暗号化キーが接続するときに利用するパスワードとして確認しておきます。
接続は簡単で、スマホの設定メニューからWi-Fiを選択してONにすると一覧がでてくるので、先ほどのルーターの裏、側面などに貼ってあるラベルの名前、SSID部分を探します。選択するとパスワード入力画面がでてくるので、そこにパスワードを入力します。パスワードの入力は大文字、小文字の違いも認識するので、この間違いをしないように注意が必要です。
またこの初期設定では心配という場合には、パスワードをほかのパスワードに変更できるので、変更しておくと安心です。ただ忘れてしまった場合、利用できなくなるので、わからなくなった時のために、ルーターへシールなどに記載して貼っておく方が安全です。
外出先ではスポットと呼ばれる表示があれば、そこで利用できます。カフェなどの場合、パスワードを教えてほしいといえば教えてくれますし、公共の場ではそのまま利用できるようになっている場所もあります。通常、スポットにはステッカーが貼られているなど、目印があるので誰でも利用できます。
重いデータをみるときやゲームを行うときなど、こうした場所に行けば無線LANを自由に利用できるので多くの方が利用しています。スマホ料金の節約にもなるので、外出先でもこのマークを見つけて賢く利用することがポイントです。

ビームフォーミングやポケットwifiとレンタルの利点

ビームフォーミングの利点とは!?

日本の住宅や建物の中には通信環境が完備しているところが多くなっています。現在では有線LANを使用しているところは少なくなっており、無線で通信をすることが可能です。無線通信を可能としているのがwifiです。wifiを使用することで接続できる端末に線をつながなくてもいいので、利点が多いです。wifiの中でも現在、ビームフォーミング搭載のものが販売されています。ビームフォーミングとは、簡単に説明すれば搭載されていない製品では電波を届けられない場所でも、電波を届けられる技術のことです。そのため、現在注目されている手法の1つになります。ではビームフォーミング搭載のwifiを導入することで、一体どのような利点を得ることができるのでしょうか。

利点の一つとして挙げられるのが大きな建物でも多くの人が接続することができる点です。実際に導入される建物は一般的な住宅だけではありません。日本には大豪邸のご家庭もありますが、3LDKや4LDKなど一般的な住宅に住んでいる人が多いです。このような広さの住宅に住んでいるご家庭においては、1台のルーターで通信を届けることができます。しかし、ビルやアパート、マンションなど広いスペースの建物では、1台のルーターで全てのお部屋に電波を届けることが難しいです。そのため、親機だけでなく、複数台の子機を利用している所有者もいるでしょう。もしビームフォーミングを搭載したものを導入すれば、子機を少なくしても通信環境を整えることができる可能性があります。

その他の利点としては、通信速度を安定して供給することができる点です。例えば通常のルーターを設置しているところでは、ルーターから距離が離れた場所でスマホやパソコンを使用していると、距離が近いところよりも通信速度が遅くなることがあります。通信速度が遅くなることで、ウェブサイトや動画の読み込む速度が遅くなるので、快適にコンテンツを楽しむことができません。しかし、ビームフォーミングが搭載されている製品を設置すれば、ルーターから距離が離れたところでも距離に大きな影響を受けずに安定した通信スピードを実現できる可能性があります。

ポケットwifiの契約を検討している方へ

近年ではスマホなども通信制限がかかるようになってしまいましたし、パソコンもインターネットをつなげるためにはwifiが必要です。契約をする人たちも増えていますが、その中でもポケットに携帯するタイプが人気を集めています。具体的に契約をすることでどんなメリットがあるのか説明します。

まず1つ目は外に持ち運べることです。スマホは外に持ち運ぶことが多いでしょうが、通信制限がかかっていたら外でインターネットやゲームなどで遊ぶこともできません。動画などを見ても途中で止まってしまったりと不便です。また、パソコンに関しても外に持ち運んでインターネットを使用したい場合は、パソコンだけあってもつなげることができません。基本的にはwifiが必要になりますが、ポケットに携帯できるタイプなら持ち運びができるので、どこでもスマホやパソコンを操作することができます。便利なアイテムなので人気が高いです。

また、2つ目は回線工事などという面倒な作業は必要なしということです。自宅で光回線などの契約をすると回線工事が必要になるのが一般的です。工事が必要になるので工事をしている期間は家で待機をする必要がありますし、接続にも意外と手間がかかります。特に知識がない人は難しいかと思われますが、ポケットタイプなら回線工事は必要ないので契約をすれば即使用することが可能です。面倒な手間がないので便利です。このように、ポケットタイプのwifi契約のメリットについて説明しましたが、これから契約を検討している人はいろいろなタイプがあるので、事前にメリットなどもふまえながら契約を考えましょう。

レンタルの利点とは?

wifiは契約をするものと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。実は契約だけではありません。最近ではレンタルをする方法も登場しています。ではレンタルのメリットは一体何があるのかについても紹介します。まずレンタルは年間契約の必要がないというメリットがあります。

基本的に契約をする方法だと年間契約が必要になり、何かと手続きも手間がかかります。しかし、レンタルなら年間契約は不要で、借りるだけとなるので、不要になったら返却するだけです。手間がかからないので利便性が高くなっています。また、1日単位で借りられるのは魅力的です。一定の期間だけ必要だという人も多いかと思われますが、一定の期間しか使用しないのに契約をするのはもったいないことです。

しかし、レンタルならその日だけ借りることも可能なので魅力があります。このように、レンタルの魅力もあるので、契約か迷っている人は利点も見ながら決めていくといいでしょう。

wifi利用で知っておくべき通信規格のこと

wifiの通信規格5GHz帯と2.4GHz帯

wifiを利用してインターネットを行う場合に気をつけないといけないのは、通信機器が通信規格に適しているかどうかです。せっかくルーターを購入してインターネットができる環境を整えても、規格に互換性がないとインターネットすることはできません。wifiを複雑にしてしまっている理由の一つとも言えますが、それぞれの通信規格が持つ役割や特性などを知ることで簡単に理解することができます。今後もあらゆるシーンで通信環境は便利になっていくことが予想されるので、規格のこともしっかり知っておきましょう。

Wifiで使用される通信規格の一つに5GHz帯があります。さらに分けると11acと11aがあります。5GHzの特徴は対応している機器が少ないため、電波の干渉が小さくなっています。インターネットの速度はかなりのスピードになっているため、大きなファイルをやりとりする場合もスムーズです。パソコンやレンジ、ルーター、キーボードなどに使用されているのがこの規格です。一方で壁や家具などの障害物を透過する能力が弱いため、電波が飛んでいる範囲はかなり狭くなっています。

もう一つの規格である2.4GHz帯は、11gと11bに分けられます。障害物に強い特徴があり、ほとんどのwifi機器に接続できるようになっています。壁や扉を透過する能力に優れており、安定した通信環境を提供することが可能です。一方で、多く利用されている帯となるので他の機器との干渉によってインターネットの速度は遅くなってしまう傾向にあります。新しいタイプのモバイルルーターならほとんどの規格に対応していますが、古い機種になると対応してない規格もあるので注意して選ぶ必要があります。対応している規格については機器に記載されています。

wifiの速度を決めるストリーム数

世に無線lanの規格が登場したのは、1999年のことです。今でこそ最大転送速度は1Gbpsを超えるスピードとなっていますが、最初の頃は数十Mbpsという速度でした。最初に使用されたのは11bの2.4GHzでしたが、電子レンジなどの家電に使用されていたこともあり、5.2GHzの11aも使われるようになりました。それぞれの規格が独自に進化を遂げて、互換性のないまま普及を遂げていきます。2003年になると、2.4GHzの上位互換となる11gができて、11bの転送速度に並びます。

2003年からしばらくの間は、通信規格に大きな変化はありませんでした。2009年に2.4GHzと52GHzで使用できる11nが登場し、転送速度もこれまでよりスピードアップして600Mbpsになりました。共通して使用することのできる11nは、複数アンテナを利用することによって通信の高速化を図っているのが特徴です。つまり、これまで一本分の経路しかなかったものが複数になったことによって一度に多くのデータを送ることができるようになったのです。電波は壁などの物体に反射する特徴がありますが、その反射波を利用した技術を用いた通信ができるのも特徴です。

共通して使える11nですが、その後は5GHzの11acが大きく躍進します。帯域幅の拡大やMIMO方式を拡張したことによって、これまでよりも格段と早い高速通信を実現します。11nは経路を増やすことで通信速度を上げましたが、11acは他に新たな経路を増やして経路の幅を増やすことで転送速度が速くなっています。動画のように容量の大きいファイルの転送にも向いており、一度に送れる容量も大きくなっています。このようにwifiの通信規格は日々進化を遂げており、対応する機器も増えています。

wifi規格から見るルーターや端末の選び方

wifiを利用できる通信機器は増えています。特にインターネットが使えるパソコンやスマホ、タブレット端末などはwifiを上手に活用することによって通信費用の大幅な節約に繋がります。同じルーターでも種類によって利用できる通信帯は異なるため、スムーズに通信できるものを選んでいきましょう。速度で見ると11acに対応していることや5GHzに対応しているものが優れています。新しい機種のものであれば、これらの通信帯に対応しているものがほとんどですが、中古ルーターだと対応してない可能性もあります。

通信規格は進化しており、今後も新しい規格が出てくることも考えられます。ルーターを購入している場合に、新しい規格に対応したものにするには新しいルーターの用意が必要になります。常に新しいルーターを使うなら、購入という方法だけでなくレンタルで導入するのも方法の一つです。買うのに比べると初期コストを抑えることができること、一時的な利用も可能になっているのが特徴です。今は十分な転送速度の規格でも、転送する媒体は大きくなっています。動画の視聴や転送などがいい例ですが、動画がきれいになるほど容量は大きくなるので転送にかかる時間は大きくなります。

ルーターや通信機器によっては、新しい規格に対応していても端末やシステムの劣化によって転送速度が落ちてしまって能力が定価していることもあります。規格以外にも通信速度に影響するファクターがあるという点にも注意が必要です。通信規格の対応だけで選ぶのではなく、安心できるお店で信頼できるルーターや通信機器を選ぶことも大切です。

単身赴任で使えるwifiルーターについて

単身赴任で使えるポケットwifi

インターネットをするためには、通信できる環境が必要です。スマホや携帯電話なら契約している携帯電話会社の通信プランを利用し、パソコンなら通信会社と契約してネットを利用している人が多くいます。自宅にwifiルーターを設置して家庭内でネットが使えるようにしているところも増えていますが、据置タイプだと限られた範囲の中でしかネットの利用ができません。そこで、最近は持ち運びできるポケットルーターが普及していて、どこにいてもネットすることが可能となりました。

ポケットwifiルーターがあれば、単身赴任で家から離れるときでも簡単に持ち運びしてネットをすることができます。インターネットはビジネスの世界でも使用することが前提になっているケースが増えていて、いつでもネットをつないで仕事ができる環境を作ることが必要な人も少なくありません。そもそもwifiというのは、インターネットができる通信規格のことであり、利用するためには対応している通信機器の利用が必須です。今は対応している通信機器がほとんどであり、ルーターから複数台の通信機器をつないでネットすることも可能です。

ポケットタイプのものは、持ち運びできるように充電式になっているタイプがほとんどです。毎月かかってくる費用も契約プランによってさまざまで、かなりお得な金額で契約できるタイプのものもあります。一台あれば複数のパソコンやスマホでネットをすることができるため、通信費用の節約を目的に導入する人もいます。さまざまなタイプのものが販売されていて、機能性だけでなく凝ったデザインのものもあります。目的や予算などから柔軟に選ぶことができるため便利です。

ポケットwifiのメリットや注意点

単身赴任などで長期的に家を出ることになった場合は、据え置き型のルーターではなく持ち運びできるタイプの方があらゆるシーンで利用することができます。インターネットをするために必要となる通信環境をルーター一つでカバーしてくれるのはビジネスマンにとってもプライベートの面で見てもメリットと言えるでしょう。今はスマホやタブレット、パソコンなどネットをつなぐことのできる通信機器はかなり増えていて、一人で数台持つことも珍しくありません。しかし、何台も通信機器を持っている人や持つ予定の人もポケットwifiが一台あれば事足ります。

一方で、ルーターも通信機器と同じように精密機械です。故障のリスクがあり、インターネットが必要な環境でインターネットができなくなる可能性もゼロではありません。そのため、ルーターを販売やレンタルしている会社は多くありますが、信頼できるお店で購入したものを使うことが大切です。また、インターネットを使う予定の通信機器によってはルーターから発信される通信規格が対応してないことでネットができない可能性もあります。特に一昔前のルーターを選ぶ場合は気をつけなければいけません。

ルーターを稼働させるのはバッテリーです。インターネットするために必要な電波を発信するためには電力もかなり必要となるため、バッテリーの耐久性や容量なども確認しておく必要があります。一方で、通信機器とルーターを分離することによって通信機器の電力消費は抑えることが可能です。特にルーターとしての役割があるスマホに対してのモバイルwifiの利用においては通信費の節約に繋がるだけでなく、消費電力を抑えることにも繋がるため、バッテリーへの負担を軽減できます。

単身赴任でポケットwifiを選ぶ場合

単身赴任で新たにポケットwifiルーターの契約をする場合に気をつけたいのは、契約期間についてです。契約から一定期間は解約できないようになっているタイプも多いため、あらかじめ単身赴任の期間がある程度分かっているなら期間に応じたプランで契約しておく必要があります。会社によっては年間契約不要で利用できるタイプもあります。この場合だと不定期な単身赴任の場合でも安心して利用できます。さらに、単身赴任よりもさらにスパンの短い出張でも1日単位から契約できるものがあるため、自分に合うプランを選択すると良いでしょう。

ポケットwifiルーターの契約方法には、ルーターを購入する方法とレンタルする方法があります。購入は初期コストがかかる一方で、故障するまで使うことができます。レンタルの場合は初期コストがかからないことや新しいタイプのルーターが使えるメリットもあります。単身赴任のときだけの契約のように、継続的に使うかどうかが未定な場合はレンタルの方がお得です。レンタルの場合でも急な出張などに対応し、その日から契約して使える会社もあります。

しかし、レンタルでポケットwifiルーターの利用をする場合は、水漏れや落下などによる故障に対するリスクや紛失のリスクについても考えておく必要があります。借りているものを壊してしまった場合や無くしてしまった場合は、契約者が保証しなければなりません。会社によっては安心保障サービスを取り入れているところもあるため、保障サービスに加入してトラブルに備えておくと安心です。ルーターの機能性も大切ですが、安心して利用できるサービスを提供している会社選びも重要です。

出張先などでwifi環境を使用したいという方へ

旅行先や出張先などでモバイルデータ通信を行なう方法

思い立った時にすぐ旅行したくなったり、勤め先からいきなり出張を命じられたりした時には、滞在先でモバイルデータ通信を行なうことのできるwifi環境が用意されていると便利です。世の中には、手軽で便利なwifiレンタルサービスを提供している業者も存在するので、チェックしてみることをおすすめします。中でも、年間契約の必要性や、初期費用・端末代金・通信費の負担がなく、一日単位でのレンタルが可能で、届いたその日から利用を開始することのできるサービスは、利用価値が高くなります。また、個人のみならず、法人を対象としたサービスも提供している業者は、さらに幅広いシーンで活用することができます。

wifi環境のレンタルサービスは、引っ越しの際に、新居でプロバイダーと契約し、インターネット回線が使用可能な状態となるまでの間にも、便利に使用することが可能です。また、出張先のエリアに、ネット環境が整備されていない場合にも便利なサービスと言えます。こちらのサービスを取り扱っている業者の中でも、多彩なプランを取り揃えているところは、さらに便利に利用できるでしょう。wifi環境のレンタルサービスを使用するにあたっては、通信速度もチェックポイントになります。中でも、先進的な技術を採用したサービスであれば、ストレスフリーでネット環境を利用することができる可能性が高くなります。

モバイル端末を対象としたwifi環境レンタルサービスについて

出張先などでモバイルデータ通信を行なうためには、スマートフォンに搭載されているテザリング機能を使用するという方法もあります。ただし、スマートフォンやタブレットのモバイルデータ通信機能を使用する場合、SIMカードの挿入やアクティベートなどのための手間暇がかかります。その一方で、モバイル端末を対象としたwifi環境のレンタルサービスであれば、手持ちのデバイスはそのままの状態で、簡単にネット接続を実現することも可能になります。具体的には、すでに開通手続き済みの環境が提供されるサービスでは、ユーザーが自分で初期設定をする必要もないので、即座に利用を開始することができます。

また、wifi環境のレンタルサービスを利用するにあたっては、手続きの方法もチェックポイントになります。契約を結ぶ必要がなく、所定の会社で申し込むだけで済むサービスは、利便性が高いと言えます。そして、年間契約が必要な場合、使用しない期間が発生するため、不経済になってしまうという方もおられるのではないでしょうか? そのような場合には、必要な日数だけレンタルすることのできるサービスもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

また、一般に、モバイル向けのwifiサービスを利用する際には、SIMカードのアクティベートなどを行なってからでないと、デバイスを利用することができません。こちらの負担から解放されるためには、すでに設定済みの環境を提供してくれる業者を利用するのも一つの方法です。

サービスを利用するにあたってのチェックポイント

業務出張の滞在先などでモバイルデータ通信を行なう場合、エリアごとの対応状況にも気を配ることが大切です。例えば、別のキャリアの端末へ機種変更するにあたって、煩雑な手続きが必要となるエリアも存在します。このような問題を解決するためには、広範囲のエリアに対応しているwifiレンタルサービスを利用するのもおすすめの方法です。

また、モバイル向けwifiサービスの中でも、契約してから利用を開始するまでの時間が短くて済むものは、利用価値が高いと言えます。中には、契約後、デバイスを貸与された時点で利用を開始することができるサービスも存在します。このようなメリットは、急に出張を言い渡されるなどして、時間的余裕を持って手続きをすることが難しい場合に、特にメリットを強く感じることができるでしょう。

そして、一般的な方法でwifiの利用契約を行なうと、2年間という契約期間が設定されるケースが多くなります。出張や旅行に際して、そのような契約期間では使い勝手が悪いと感じる場合には、1日単位で利用することのできるレンタルサービスもあるので、チェックしておくと安心です。特に、外回りの仕事をしている人や、出張する機会が多い人にとって、さまざまな場所でメールチェックなどを行なうことができると便利です。そのような場合、日数によって課金されるレンタルサービスは、便利に使用することができます。こちらは、必要な日数だけ利用することが可能なので、年間契約の必要なサービスと比較して、無駄なコストの発生するリスクが低くなります。また、手続きの方法が簡単なサービスは、スムーズに利用するために大切なことです。中には、インターネット上で申し込みをするだけで、自宅にデバイスが配送されるサービスもあるので、確認してみると良いでしょう。

wifiと接続人数について

モバイルwifiとは

モバイルwifiとは持ち運びのできる小型の通信端末のことです。この端末があれば、出張や旅行等外出先でパソコン、スマートフォン、タブレットなど最大10台ほどの端末を一度にインターネット接続することができます。外出先で仕事をする機会が多い方にはとても便利です。メールの確認、資料の修正、情報収集、クラウドサービスの利用などと、wifi完備の場所以外でも作業ができます。また、スマートフォンをよく使う方は〆日が近づくと固定の容量を使い切ってしまい、速度制限がかかり困ってしまいますが、モバイルwifiがあれば引き続きインターネットを利用できます。

モバイルwifiの種類はいくつかの無線通信技術の規格があり、大手電気通信事業者の子会社が直接手がけるものや、大手通信事業者の回線を使って様々な会社がサービスを提供している格安SIM等があり、様々な料金のプランや通信速度、使えるエリア、使える容量があり、使う方のニーズによって選ぶということになります。選ぶ際には通信エリアのチェックは必須です。高性能、新型になるほど郊外や田舎のほうに行くと使えなくなるエリアが多くなる傾向なので注意が必要です。

wifiを提供する企業は複数に渡るため、プランの数がたくさんあり選ぶのに迷うときもありますが、比較サイト等を利用したり、各社のキャッシュバックやキャンペーンを利用するなど、自分のニーズに合うプランを見つけてください。

固定回線でのwifi使用について

大手家電量販店のWi-Fiルーター売り場に行くと、棚にはメーカー別にたくさんの商品が陳列されていて、パッケージには「11ac」「11n」「11g」等の文字が並んでいます。値段は様々なのに似たような高性能、ハイスピード、使い勝手の良さなどの宣伝が掲げられていて、いったいどの機種を選んでよいのか、とてもわかりにくいです。

複数の家族で住んでいる場合、スマートフォン、ノートパソコン、タブレットだけではなく、wifi対応機器はプリンター、デジタルカメラ、ビデオカメラ、ブルーレイレコーダー、据え置き型のゲーム機、携帯型のゲーム機、オーディオ関係と10台を超えてしまうこともあります。ここで重要となってくるのがwifiルーターの性能です。接続台数が多くても安定した通信を得るために、高性能CPUや干渉波の回避機能など、高スペックを備えたwifiルーターが必要となってきます。価格比較サイトのユーザーレビューやメーカーのホームページ、カタログ等を参考にして個々のニーズに合う商品を見つけてください。

ちなみにパッケージなどに表示されている接続人数とは、1人あたり3台×人数分が同時に無線接続した場合に快適にインターネットができることを想定した接続人数です。

モバイルwifiのレンタル

急な引越しや入院、出張や旅行、帰省など短期間だけインターネットを使いたい時はwifiのレンタルが便利です。面倒な手続きも無く、すぐに使えます。2~3年の契約で購入の場合、途中解約すれば違約金が発生しますが、レンタルは期間を決められるのでそのようなこともなく、初期費用なし、端末購入費もかかりません。引越しした際の固定回線が開通するまでのつなぎに使ったり、各社の端末が用意されていますので、実際の電波状況や性能、使い勝手を知りたいときに数日だけ使ってみるといった使い方もできます。

さらに、海外でインターネットを利用したい場合もwifiレンタルだとメリットが多いです。海外でインターネットを利用しようと思ったら、まず、ホテルなどの無料wifiスポットですが、使える範囲がホテルの一部でしか使えず、セキュリティーが低く安全面が保障されていません。

次に大手電気通信事業者の国際データローミングサービスです。こちらはよく知らずに使用すると高額な料金になったり、インターネットが使える国が限られているので利用するのが難しかったりする問題があります。レンタルであれば、定額で地元の通信回線を使うので、安定した快適な速度で通信がすることができます。またセキュリティー面もパスワードを使用したインターネット回線になるので、安心です。さらに、家族や友人など複数で海外に行く際にも、1つの端末で複数の接続人数で使えますのでとても便利です。ただ、ゲームや動画の視聴などは通信制限を引き起こすことがあるので控えたほうが良いです。

モバイル式のWiFiをレンタルする点については、一般的な契約をして利用する場合と比較すると、契約内容にもよりますが日割りで利用出来るのが非常に便利な点です。1日のみでも可能であれば、1週間や2週間など、短期から中期にかけてのレンタルが行えます。通常の契約とは異なり、長期的に見ると費用は高くなりやすいかもしれませんが、状況に合わせて使い回せるのが何よりのメリットです。海外旅行や出張など、あらゆる場面で有効活用できるサービスとなりますので、必要な際には利用してみてはいかがでしょうか。

LTE対応のwifiについて

LTE対応のwifiについて

現在ではwifiは生活の中に浸透しており、様々な場所でネット接続ができる環境が構築されています。家や会社はもちろんのこと、病院や市町村の施設でも環境が整備されています。室内でネットを使用する機会は多いですが、外出中も使用する機会があります。例えばパソコンを持ち歩いてお仕事をしている方もいます。もしネット環境がなければインターネットに接続ができずに検索やメールの送受信もできません。また、現在ではパソコンだけでなくスマホやタブレットなどを活用する人も少なくないです。

スマホやタブレットはキャリアと契約をしていれば外出先でも接続できますが、キャリアと契約せずに本体を購入する人もいますので、外出先で接続をすることができません。確かに現代では公共wifiもあるため、接続できる人もいますが、特に田舎の地域においては接続できないところもあります。そのため持ち運びができるポケット型のwifiの導入を検討している人も多いです。現在では数多くの製品が販売、レンタルされていますが、製品の中にはLTE対応に対応してくれるものがあります。LTE対応の製品を選択すれば高速通信を実現できます。もし通信速度が遅いと接続するまでに時間がかかることになります。インターネットの閲覧だけであれば比較的通信速度が遅い製品を導入しても負担を感じる人は少ないですが、サイト閲覧だけでなく、動画を閲覧する人もいるため、動画閲覧の際には早い通信速度が求められます。

もし通信速度が遅いと映像が途中で途切れることになるため、快適に視聴することができない可能性もあります。もしLTE対応の製品を導入すれば早い通信が実現可能で動画などを閲覧する機会が多い人など早い通信速度が求められる作業をする人でも導入しやすいです。LTE対応の製品の中には大容量のバッテリーが搭載されている製品があります。基本的に外出先では充電環境を整えることができない人も多く、充電できないと途中でバッテリーが切れてしまえば接続することができなくなる恐れもあります。バッテリー容量が小さければ小さいほどその分バッテリー切れのリスクが高くなります。大容量のバッテリー搭載の製品を選択すれば途中で充電切れになるリスクを下げられるのが長時間の外出時にも活用できます。広いエリアをカバーしてくれるLTE対応の製品もレンタルされています。広いエリアをカバーできれば外出先だけでなく室内でも活用しやすいです。

出張にLTE対応のwifiを活用しよう

会社員の方の中には出張をする機会は少なくないでしょう。例えば支店が複数ある企業ではある支店の応援が必要で別の支店から人を派遣しなければならないこともあります。また、企業の中にはお客様のところに足を運び、そこでサービスを提供するところもあるため、そのような企業では出張が必要です。出張をしている最中はネットを使うことができない人も多いため、不便さを感じる人も少なくないでしょう。また、出張は定期的ではなく、短期間だけの人もいます。そのような方が持ち運びができるLTE対応のwifiを購入すると使う機会が少ないので勿体なさを感じる人も少なくありません。

現在ではそのような社会人をサポートするためにLTE対応の製品をレンタルしてくれる会社もあります。例えばレンタルしてくれれば出張期間中はそのwifiを使用し、出張が終われば返却することができるので、レンタル料金と送料を支払うだけでネット環境が整います。そのため、初期投資なども必要なく取り入れやすいです。また、打ち合わせや移動中、ホテルの中でも使用することができます。例えば打ち合わせをする時にはインターネットで検索をして情報を調べたい時にも遭遇しますが、そのような時でもネット環境があるので検索して情報を収集しクライアントに商品やサービスの説明ができます。また、現在ではホテルによってはwifiを使用できないところもありますが、レンタルを利用することで室内でもネットを使用できるため、メールの送受信をしたりパソコンで資料作成に必要な情報を調べることができます。

LTE対応のwifiの選び方のコツ

LTE対応をwifiは製品の種類が豊富で、レンタルや購入をする時は複数の種類の中から選択することになります。出張で活用したり、引越しの時のネット環境構築のために自分に合ったLTE対応のwifiを選んだりする人の中にはできるだけ自分に適した製品を選択したいと考える人は珍しくありません。

選び方のコツとしては通信速度になります。LTE対応の製品でも下りと上りの通信速度はそれぞれで異なり、できるだけLTEの中でも早いものを選択するために見比べる人もいます。また、操作性も選び方のコツです。操作しやすいものを選択すれば操作に慣れるまでに時間がかからないので利点を感じる人も多くいるでしょう。