レンタルwifiを長期で利用するメリット

レンタルwifiを長期で利用するメリット

レンタルwifiは長期で利用するほど、お得なプランがあります。
一般的には1ヵ月プランからお得なプランが多くあります。
デイユースの場合、1日1000円以上することもありますが、同じ機種で1ヵ月間だとプランが適応されて3000円台で借りることができます。
また最近は旅行向けのプランとして、2週間プランや1週間プランを取り扱うレンタルショップも登場しています。
ユーザーの声から生まれたプランなので、人気があるプランのひとつです。

本当に1日だけしか必要がないのであれば、デイユースプランでもよいかもしれませんが、返却日に追い詰められなくて済むということもあり、長期でのレンタルが今注目を浴びています。

キャリアと本契約をする前のお試しにも最適

キャリアと契約をすると最短でも2年、最長で3年間の契約縛りが発生します。
もしも電波の問題で使えなかったとしても、違約金が発生してしまいます。
また1週間や1ヵ月ほど使っている中で、使えない時間帯があったり、行動範囲内で使えない場所がある可能性もあります。
そういうことがあったとしても、契約を結んでいる以上、契約の縛り期間中に解約の手続きをすると、違約金を支払わなくてはいけません。
本契約を行う前に、1ヵ月ほどの長期レンタルでお試しをしてみるという方は多いようです。

レンタルwifiを長期で利用するデメリット

長期でレンタルをするにあたり、これといったデメリットはありません。
レンタルショップの中には、注文後であったり、発送一週間以内であったり、ルールは様々ではありますが、キャンセルが出来ない場合が多々あります。
そのため、急にはじめから1ヵ月以上の長期でレンタルを行ってしまうと、結局使わなくなった場合などであっても、レンタル料金を支払わなくてはいけないので、注意が必要です。
また電波の問題などにより、使えなかった場合は、改めて送料や、変更するwifi端末によってはレンタル料金の差額などが必要となりますが、交換対応を行っているレンタルショップも多くあります。
キャリアとの契約では、交換などは行えませんが、自分がwifiを使いたい場所でどのキャリアが一番都合がいいかを知るためにも、wifiをレンタルでお試しするのは有効な手段です。

法人で長期レンタルする場合

3ヵ月ごとや6ヵ月ごとの長期レンタルプランがあり、一括で長期間を申し込むほど、1ヵ月ごとのレンタル料金は低くなります。
しかし、1ヵ月プランのレンタルですと、1ヵ月ごとの領収書の発行をレンタルショップへ注文することが出来ます。
経理上の都合もあると思うので、会社として都合がよい方法のご選択をおすすめいたします。
また見積書や請求書発行なども、レンタルショップによっては、発行可能です。
電話やメールで、あらかじめレンタルショップへ連絡をいれておくと、比較的スムーズに契約を行えます。

大阪の店舗でレンタルwifi受け取りサービスを利用する方法

「どうしても今日、大阪でwifiが必要。」

東京であれば大手のレンタルwifi会社がたくさんあります。
しかし、大阪にはそんな会社がないというイメージがあるのではないでしょうか。
みんなのwifiは、実は大阪西区に事務所を構えています。
大阪在住の個人ユーザーや、法人ユーザーなど、様々な方にご愛顧いただいております。
みんなのwifiには、中国語を話せるスタッフがいます。
民泊経営ユーザーにもご愛顧をいただいています。

どうしても、翌日お届けでは間に合わない場合、事務所へお越しいただけましたら幸いです。

事務所に行く前にお願いしたいこと

ひとつめは、電話での事前のご連絡です。
在庫の関係によっては、当日にお渡しが出来ないことがあります。
また先に電話での連絡を行っていただけますと、受け渡しがスムーズになります。
業務の状況によっては、お待たせしてしまうこともあるかもしれません。あらかじめご容赦ください。
何日の何時頃、どの機種を希望かご連絡をいただけますと、大変ありがたいです。ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

ふたつめは、webサイトからのご注文です。

お客様の個人情報を守るために、セキュリティの高いwebからのご注文をお願いしています。
電話ではご注文を受け付けできないので、お気をつけください。

店舗受け取りのメリット

店舗で受け取ると、送料分が安くなります。
また返却時にも店舗へ来ていただくことで、送料が完全無料になります。
返却時レターパックをご希望の方は、360円でレターパックを一緒にお渡しいたします。
レンタル終了日にポストへ投函するだけなので、とても簡単に返却できます。

また店舗でwifiを接続できるので、万が一、初期不良に当たってしまった時にも、その場で端末を交換できます。
急いで使いたい場合、受け渡し時に動作を確認できるので、安心して持ち帰られるのもポイントです。

一番のメリットは当日に受け取れるということです。
翌日のお届けでは間に合わないなど、急に必要となった場合、店舗での受け渡しが最も早く確実に受け取れます。
どうしてもという場合には、最善の方法です。

大阪市内なら簡単にアクセスできる西区です。
阿波座駅から徒歩3分ほどの場所に事務所を構えています。
スタッフ一同、誠心誠意ご対応いたします。
ぜひ一度、お問合せください。

レンタルwifiを空港受け取りしよう!

国内用レンタルwifiの場合

レンタルwifiを空港で受け取れるサービスがあります。
特に郵便局を配送会社として契約している会社ですと、郵便局留めができるので、空港内の郵便局を指定することが可能です。
ここで気をつけていただきたいことがあります。
空港内郵便局留めは便利な手段ではありますが、郵便局のクローズ時間は早い時間帯の場合があります。
夕方頃にはクローズしてしまっているということも多いです。
フライトの時間によっては、到着した時には、すでに郵便局がクローズしているなんてこともありえるので、要注意です。
またコンビニ受け取りなどは、基本的に空港内では行われていません。空港内のコンビニで働いているスタッフにしか届けられないことが多いです。
ヤマト事業所受け取りなども、空港内ではなく、空港の最寄の事業所へ行かなくてはいけない場合があります。
その場合、片道30分など、思った以上に遠い場所までいかなくてはいけませんし、配送会社へメンバーズ登録や身分証の提示が必要となってきます。

どうしても空港で受け取らなければいけないという理由がない限り、旅行前の自宅を配送先にするか、旅行先の滞在場所を配送先として指定する方が確実に受け取られるのでおすすめです。

海外用レンタルwifiの場合

海外用のレンタルwifiの場合、空港で受け取られるサービスは、更に豊富にあります。
大手企業であれば、空港内にブースを設置しているところもあります。
しかし、実際に空港受け取りを利用している方は、どうやら少ないようです。
海外への渡航前は何かと慌ただしいため、前日に自宅へ届けてもらう方がいいという意見をよく見かけます。
勿論、空港受け取りのサービスを利用している層も一定数いるので、便利なサービスなのかもしれませんが、確実性を選ぶ方は自宅への配送を希望することが多いようです。

レンタルwifi空港受け取りサービスに関するまとめ

レンタルwifiを空港で受け取ることは可能です。
国内用でも、海外用でも、空港受け取りのサービスを行っているレンタルショップはたくさんあります。
しかし、実際のところ、不便な面もあります。
また多くの利用者は、旅行前などに自宅への配達希望を出している傾向にあります。
理由は、空港受け取りの場合、荷物が多い時に空港内を移動することが大変だということや、出発前に焦りたくないなど、様々な理由があるようです。

札幌でwifiレンタルをする時の注意点

リチウムイオン電池は航空便不可

最近の物流は進化していて、手元に届くのも早くなっています。
アマゾンに至っては当日お急ぎ便を利用できる地域ですと、注文をしたその日に荷物が届きます。
様々な場所に物流の拠点を置いていたり、航空便で荷物を運ぶことができるからです。
しかし、アマゾンなどの大規模な会社であれば、物流の拠点を分散することが出来ますが、自社で物流を行っている会社ではそういった対応は難しいのが現実です。
そこで、アパレル関係などでは航空便が使われたりします。
航空便を利用できるものは、航空便を利用すればよいのですが、航空便にはさまざまなルールがあり、航空便を使えない荷物もあります。
wifi端末のみなら、航空便を利用できますが、wifi端末に内蔵されているリチウムイオン電池は、航空便を使うことが出来ません。
だからといって電池抜きで配送を行っても、それこそ意味がありません。
こういった理由があり、レンタルwifiは陸便でのお届けしかできません。
北海道や沖縄が配送先住所の場合、陸便なので、お届けまでに3日から5日かかることが多いです。
北海道内の都市部であるとはいえ、札幌も例外に漏れません。
寒い時期など、雪の季節は、5日ほど配送に時間がかかるかもしれないという計算で、レンタル契約を早めに行うことをおすすめします。

北海道に拠点があるレンタルwifiショップもあります。

陸便しか取り扱えないこともあり、お急ぎの方へ対応するべく、大手レンタルwifi会社は北海道に支店を構えている場合もあります。
どうしても急ぎでwifiをレンタルしたい場合は、こういった企業へ電話確認を行ってみるのも、ひとつの手段です。

千歳空港内の郵便局などはクローズ時間が早め

北海道に旅行する場合、レンタルwifiの受け取り先はホテルや滞在先にする方がよいです。
すぐにwifi環境がほしいという方は、空港受け取りができるレンタルショップを探してみましょう。
しかし、ここで注意したいことがあります。
郵便局受け取りの場合、千歳空港内の郵便局はクローズの時間が早いため、フライトによっては受け取られない可能性があります。
どうしてもという場合以外は、ホテルや滞在先などを配送先住所として指定する方が、確実に受け取れるのでおすすめです。

札幌でwifiレンタルをする際の注意点まとめ

1.郵送に時間がかかるので、早めの注文がベター。
wifiはリチウムイオン電池を内蔵しているため、陸便でしか配送ができません。
札幌をお届け先として設定する場合、3日から5日前の注文がおすすめです。
また雪の季節は交通状況の影響なども考慮して、5日以上前に注文しましょう。

2.北海道に支店があるレンタルショップもあります。
大手レンタルショップの場合、北海道に支店などを設置している場合があります。
どうしても急ぎの場合は、電話などで確認してみましょう。

3.空港での受け取りは慎重に
レンタルショップのサービスや、フライト時間を考慮して、空港受け取りのサービスを利用しましょう。
ホテルや滞在先を配送先住所として指定した方が、確実にwifiを受け取れる場合もあります。

安いwifiレンタル料金でお得にインターネットを楽しむ方法

少しでも通信費をおさえたい!

通信費用をおさえる方法に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
効率がいい方法のひとつに、wifiをレンタルするという手段があります。
公にはあまり書かれていませんが、3大キャリアと通信関係の契約をするよりもお得になるという噂があります。
最近はギガ放題など、さまざまなサービスが生まれていますが、もしかするとwifiをレンタルした方が、通信費が安くおさまるかもしれません。

とにかく安さを求めるならWiMAX!

WiMAXは完全無制限の機種がある上に、お値段もとってもお手頃です。
また長期でレンタルするほど、レンタル料金に割引がかかったりするので、長期で通信費を節約したい方におすすめのキャリアです。
通信速度も速いです。
wifiは接続台数で通信速度を分割する仕組みになっています。
通信速度が速いほど、複数台のタブレット・スマートフォン・パソコンを接続することができます。
WiMAXはおすすめの同時接続台数は、4台ほどです。
通信環境によっても多少変わってきますが、4台程度なら、同時に動画サイトを閲覧したりすることもできます。
ホームルーター代わりに使っている方もいます。

WiMAXの注意点

「安くて、速度も速いなら、WiMAXで決まり!」
そう思われるかもしれませんが、安いのには安い理由があるので、要注意です。

まずWiMAXの電波は弱いです。
3大キャリアに比べると、随分弱い印象があります。
よくネット上では、「窓際に置くと電波が入ります」などと説明されていることもありますが、実際はそうではありません。
窓際に設置することで、もちろん電波が入ることもありますが、「圏外」の状態のまま、回復しないことも多いのが実情です。
入院時のレンタルなどでは、絶対におすすめできません。
長期のレンタルの場合ですと、交換などの対応をレンタルショップへ求めることもできますが、交換をするだけの時間がなければ意味がありません。

東京都内なら、どこでも利用できるような気がしてしまいますが、東京都内の方が逆に使えない場所が多いかもしれません。
電波が弱いので、使用する場所によっては、圏外になってしまいます。
大都会だからこそ、弱い電波が届きにくいということがあります。
東京都内が全て通信不可能というわけではありません。
使える場所では使えますが、都内といえども使えない場所があることを念頭においておかなくてはいけません。
また東京で使えないなら、地方では全く使えないのではと考える方もいらっしゃるかとは思いますが、そんなこともありません。
香川県など地方都市でも使える場所では使えます。

どうしても当日でwifiレンタルをした場合の対処法

レンタルwifiは店舗で即日受け取り可能!

「しまった!注文を忘れていた!」
「急にwifiが必要になってしまった!」
そんなことになってしまうと、最短で翌日に届くとしても、どうしても間に合いません。
ここでお伝えしたいのが、レンタルwifiの店舗受け取りです。

店舗や事務所などでwifiを当日受け渡しできるレンタルショップがあります。
いざという時は、店舗受け取りというサービスを利用しましょう。

店舗受け取りのメリット

即日で受け取れる以外にも、店舗受け取りのメリットはあります。
レンタルショップにもよりますが、送料が無料になることがあります。
返却の際も店舗まで足を運べば、往復分の送料が無料になります。
基本的に本州であれば、往復での送料が1080円と設定されているので、これはかなりお得なのではないでしょうか。

また店舗や事務所へ直接足を運ぶことで、予期せぬ機械不良に見舞われる確率がぐんと下がります。
店舗で渡してもらった際に、その場でwifiの接続をしておけば、もしも問題があったとしても、すぐに交換してもらえます。
配送される場合も、検品は行われていますが、万が一がある場合もあります。
そういった端末の初期不良に当たってしまった時にも、スムーズな対応をしてもらえます。

店舗受け取りの注意点

店舗で受け取る場合でも、注文はオンラインから行わなくてはいけません。
これは個人情報保護の観点から、一番セキュリティが高い方法だからです。
事務所や店舗へ着く前に、注文をいれておくとベターです。

在庫の関係などで、目当ての機種をレンタルできないことがあります。
実際に店舗へ着いてから、「在庫がない」ではなかなかつらいものです。
そういった不幸を防ぐために、店舗へ受け取りに行く場合は、あらかじめ電話を一本いれておくとよいでしょう。
その時に、何時頃に受け取りに行くなど、詳細を伝えておくと、待ち時間が少なくて済むこともあります。
配送状況など、事務所や店舗の状況によっては、多少待ち時間がでる場合もあります。

東京以外にも直接受け取りできる場所があります

「事務所や店舗は東京にしかないのでは…」

諦めるのはまだ早いです。

規模が大きな事務所や店舗ですと、九州や北海道、東北や四国などにも拠点があります。
また大阪が本拠地のレンタルショップもあります。
一度電話で確認してみると、思ったよりも近くに店舗や事務所があるかもしれません。

拠点が存在していても、そこで当日受け渡しができるかどうかは、やはり電話確認が必要です。まずはレンタルショップへ確認の電話をいれてみましょう!

国内向け無制限wifiレンタル比較

無制限のwifiにもいろいろあります

無制限といえば何年も前の話になってしまいますが、WiMAXが一時期悪い意味で話題になりました。
「無制限プラン」と銘打たれたプランではあったのですが、実際には「1日に1GBまで」という制限があったことで、大炎上がおこりました。
(その後、WiMAXは堅実にサービスを構築してきたため、現在では信用のある会社となっています)

通信業界によくあることではありますが、無制限と書かれながら、実際は100GBまでのものや、3日で10GBまでといった制限がある場合があります。
完全に無制限のものは少ないので注意が必要です。
前述のWiMAXのモデルは、レンタルで完全無制限のものもあります。
しかしWiMAXは電波が弱いなど、都内であっても圏外になることがあるキャリアなので、注意が必要です。

個人で使う分には100GBでもOKかも

パソコンやスマートフォン、タブレットなど、接続台数があまりに多いと問題がありますが、スマートフォンだけをつなげる場合でしたら、100GBでも十分1ヵ月間インターネットを楽しめます。
中にはYouTubeでずっと音楽を聴いていたり、ゲーマーの方だと、1ヵ月で100GBが足りないこともありますが、特殊な使い方をしない限り、基本的には問題ないはずです。
他にも個人事業主に方も注意が必要です。
無制限や100GBの大容量モデルをレンタルしていても、結局20GBほどしか使っていないという例もよくあります。

容量を自分がどれぐらい使うかという目安は、「どれぐらい動画を観るか」で概ねわかります。
インターネット上にあるコンテンツで、動画が最も多く容量を使うからです。
動画をよく観られるという方は、無制限や100GBなどの大容量プランでのレンタル契約をおすすめします。

3日で10GBの制限とは

無制限や100GBなどの大容量プランによく見かける3日で10GBの制限についてご紹介します。
3日間の合計が10GBを超えた場合、翌日18:00頃から深夜2:00頃まで速度制限がかかります。
大体、ぎりぎりインターネットを閲覧できるかどうかといったレベルまで、速度が制限されます。
制限は前述した通り、約8時間ほどしか掛かりません。
3日で10GBの速度制限がかかったとしても、1ヵ月残りの期間が全て速度制限がかかるわけではありません。
注意したいポイントがあります。
一度速度制限がかかったとしても、3日間の合計がリセットされるわけではありません。
あくまで、前3日間の合計なので、3日間の合計が10GB以上になっていると、18:00から2:00に速度制限があった翌日にも同じように速度制限がかかります。

最新の完全無制限モデルについて

3日で10GBの縛りもなく、3大キャリアの電波を使うwifiが登場しています。
クラウドSIMと呼ばれる新しいサービスで、海外向けwifiで使用されているバーチャルSIMによく似た仕組みです。
本当に無制限で使えるのがうれしいポイントではありますが、1日で10GB以上使用した日などは、クラウド上でSIMカードの入れ替えが行われます。
この入れ替え中である5分から10分ほどは、通信が行われないので、しばらく待つ必要があります。
他には県をまたいでの移動や、長距離の移動を行った際にも、クラウドSIMの入れ替えが行われるので、同じように10分程度通信ができない状態になることがあります。

格安でwifiをレンタルする時に気をつけたいポイント

レンタル料金が低価格なのは魅力的

いろんなwifiショップで、いろんなレンタルプランがあります。
初めてwifiレンタルをする時、あまりにもたくさんのプランがありすぎて、レンタル料金の安さだけで機種を選ぶ方も多いでしょう。
確かに少しでも安い料金で借りられた方がラッキーです。
実際、レンタル料金だけを基準にしてレンタルサービスを利用したとしても、問題なくインターネットを楽しめることもあります。

注意!低価格には低価格の理由がある

レンタル料金が安く設定されているものは、どういった商品が多いのかご紹介いたします。
まずWiMAXの商品が多いことが挙げられます。
WiMAXといえばガチャピンやムックを使ったCMなどでも有名な会社なので、レンタルすれば、必ずインターネット通信ができると感じます。
しかし、そうではありません。
WiMAXの電波は弱く、病院や団地など、通信エリア内であっても「圏外」になる場合があります。
また東京都内であっても、「圏外」になる場合があります。
特に建物の一階など、電波が混雑しやすいので、圏外になる傾向にあります。
WiMAXは容量も大きく、利用可能であれば、とてもお得なプランではありますが、圏外になりやすい傾向なので、注意が必要です。
過去に使用場所でWiMAXを使ったり、使っている人を知っている場合などは、選んでも大丈夫かもしれません。
実際の通信状況により異なる場合があるので、とにかく注意が必要です。

東京都で使えなくても、香川県などで利用出来ていることもあるので、実際の通信環境や地形の問題はWiMAXをレンタルする上で、覚悟しなくてはいけないポイントです。

どうして圏外になるの?

主にWiMAXで起こる現象ではありますが、ソフトバンクやauであっても圏外になる場合はあります。
自分のスマートフォンは使えているのだから、wifiも使えるだろうと思ってレンタルする方も多いでしょう。
しかし、wifiとスマートフォンは使用している電波帯が違うので、スマートフォンは使えても、wifiは使えないということがあります。

通信速度が遅い場合がある

基本的に、実測値は20M以上ほどの速度があるものを高速通信としてキャリアは流通を行っています。
速度1Mだから安い値段で、3大キャリアでありながら、無制限といったものもあります。
1Mというのは、YouTubeの標準画質動画が観られる速度とされています。
しかし、実際の通信環境などの都合により、動画が観られない場合があります。
またiPadなどのタブレットの場合、自動的に高画質再生を行うことが多く、やはり動画が閲覧できないことがあります。
ネットフリックスなど人気の動画配信サイトも、最低でも速度が2M必要な場合が多いです。
最近のwebコンテンツの進化に伴い、1Mでは心もとない速度かもしれません。
単純にネットサーフィンや、LINEなどでメッセージのやりとりをするだけなら、基本的に問題なく使えます。

安さだけがポイントではありません

安いのはうれしいですが、インターネットに接続が出来なければ意味がありません。
多くのレンタルショップでは送料などをプラスすることで、交換対応も行っています。
もしもの場合には、レンタルショップへ連絡をして、交換対応ができるかどうか確認してみましょう。

wifiを1ヵ月プランでレンタルしてみよう!

レンタルwifiにもいろんなプランがあります。

期間ごとにお得なプランが設定されている場合が多々あるwifiレンタル。
最長の場合、12ヵ月という長期プランもあります。
実際、キャリアと契約をする場合ですと、2年から3年の契約縛りが発生します。
縛り期間の間に解約をすると、違約金が発生してしまい、思ったよりも高額な請求がくることもあります。
1年だけ必要という場合には、レンタルwifiがおすすめです。

また逆に1日だけのプランも存在します。
ほとんどのレンタルショップで、1日プランというのは、手元に届いたその日だけのことを示しています。
例えば、12月11日に手元に届いた場合、レンタル開始日は12月11日です。
12月11日の間だけレンタル利用が可能なので、その日の内にはポストへ投函しなくてはいけません。
とびきりスポット的に必要になった時や、長期レンタル前に電波の確認をしたい時などに、使い勝手のいいプランです。

1ヵ月プランが一番人気

長期で3ヵ月以上のレンタルを考えている場合でも、1ヵ月プランからスタートする方が多いです。
長期で契約をしてしまうと、ショップによっては、発送後のキャンセルができないため、実際に使えなかった場合のリスクを考えて、まずは1ヵ月からスタートする方も多いようです。
他にはバーやお店、会社などでレンタルをするため、1ヵ月ごとの明細が欲しいという方もいます。
個人で利用する際にも、価格的にもとっつきやすいため、1ヵ月のレンタルプランは人気があります。
延長の注文をすれば、手元にある機種をそのまま継続して使えるため、とても便利です。

1ヵ月プランの期間計算方法

1ヵ月プランと聞くと、1日から末日までのプランなのではないだろうかと感じるかもしれません。
しかし、実際には、基本的に月またぎをしても、レンタル料金が変わることはありません。
1ヵ月間、約30日間がプランの内容となっています。
ここで注意が必要です。
月またぎで料金は変動することはありませんが、月容量がリセットされるのは、毎月1日です。
自分が借りたのは15日からだからと考えて、容量の大きなコンテンツを楽しんでいると、月末前に速度制限がかかってしまう恐れがあります。
長期間でレンタルをする場合は、月容量のリセットが毎月1日からということを覚えておきましょう。
スマートフォンなどと同じで、月容量のリセットを行うのは、レンタルショップではなくキャリアです。
ソフトバンク・au・docomo・Yモバイル・WiMAXなど、さまざまなキャリアがありますが、一般的には容量のリセットが行われるのは毎月1日です。
またレンタルショップは個人ではなかなか行えない契約をすることで、大容量のwifiをレンタルすることができます。
スマートフォンなどのように、容量を買い足すことなどが出来ないのも、注意したいポイントです。

店舗でなら当日受け取りも可能!wifiレンタルを今日から開始する方法

店舗や事務所受け渡しをしているショップを探す

wifiレンタルのショップはインターネット上でたくさん見つけられます。
しかし、当日に受け取るためには、店舗か事務所へ行かなくてはいけません。
天候などによって変わってきますが、wifiをレンタルしようと思った場合、最短で手元に届くのが翌日です。
「どうしても今日ほしい!」
そんな時があるかもしれません。
そういう場合には、店舗や事務所で直接受け渡し可能なショップを選びましょう。
中には直接の取引は行っていないというショップもあるので要注意です。
またほとんどのショップに、当日店舗での受け取りを希望する場合は、事前に電話連絡をお願いしますという案内があります。
事前に連絡をしておくことで、待ち時間が少なく、スムーズな受け渡しができるようになります。

店舗受け取りの注文方法

「店舗で受け取るなら、何か書類は必要なんだろうか?」
そんな疑問の声を聞くことがあります。
基本的にオンラインから注文するだけでOKなのですが、免許証などのコピーが必要な場合があります。
普段から携帯している身分証があれば、概ね大丈夫です。
仕事で急に必要になった場合など、法人としてレンタル契約をする際には、個人での契約とは異なることがあります。
事前に電話連絡をいれた時に、ショップへ「法人の場合、必要な書類は何か」を確認しておくと、よりスムーズに受け取りができます。

注文方法は配送してもらう時と同じで、オンラインのショップからというのが主流です。
個人情報保護の観点から見ても、安全に取引ができます。
電話や口頭では、どうしてもきちんと個人情報を管理しきることが出来ないので、基本的には受け付けを行っているショップはありません。

近くに店舗があるか調べましょう

大手の会社は東京に事務所を抱えていることが多いです。
東京在住という方の場合は、気軽に行けるかもしれません。
また大手の会社の場合は、大阪や九州、北海道などに支店がある場合もあります。
支店で直接の受け渡しを行っているかも確認しなくてはいけませんが、東京住みでない場合は、電話で支店に関することをチェックしてみましょう。

店舗で受け取るメリット

まず第一に、注文をした翌日ではなく、当日に受け取れます。
どうしても即日で必要になった場合、店舗での受け取りが一番おすすめです。
また店舗で受け取ることで、送料が無料になるショップもあります。
返却時も店舗へ持って行くことで、更にお得になります。
少しでも安くすませたい場合にも、店舗での受け取りはおすすめです。