wifiとbluetoothの違いを知り実際に所有しよう

wifiとbluetoothの違いについて

今では私達の生活にネットワーク環境は必要なツールの一つです。例えば会社でネットワーク環境が構築されていないと、クライアントとメールをしたり、ソフトウェアを用いた共有などを行ったりすることができないので、業務の非効率化が生じることが懸念されます。現在の企業のうち、インターネットを利用していないケースは少ないです。会社だけでなく、家庭においてもインターネットは暮らしを豊かにしてくれます。例えばインターネットが使えれば、パソコンで情報収集をしたり、チャットを使って友達と連絡をとったりすることができるようになります。会社であれば社内ネットワークの構築、家庭であれば光回線の導入などを、既に行っている場合は多いですが、更に現在では持ち運びが可能なwifiや、公共wifiなども構築され、様々な場所で無線LANを使用できるようになっています。 普段からネットワークを利用している人の中でも、テザリングをする際のwifiとbluetoothの違いについて知らない人もいるでしょう。まずwifiを用いたテザリングの特徴は速度が高速であることです。実際にネットワークに早さを求める人は多いです。例えば低速回線を使用している場合、動画閲覧をしていると途中で映像が止まり、再開するまでに時間がかかることもあります。また、オンラインゲームなどをしている人も多いですが、低速回線の環境ではプレイ画面が途中で止まって、スムーズな動きができないこともあります。このため速度が速い方が利用しやすいと感じる人が多く、実際に無線LANを利用する時はこの方法でテザリングできるものを使用する人は多いです。 また、比較的安定した通信をすることができることも利点です。例えば途中で接続が切れるとオンライン上で作業をしている時、その作業を記録しないと作業したデータが全て消えてしまうので作業負担が大きくなることが予想されます。このように不安定なネットワークになる状態が少ないので、職場でも活用している人は多いです。 一方でbluetoothを利用してテザリングをすれば少ない電力で利用できます。例えば現在ではバッテリーを内蔵して持ち運びができる端末もありますが、消費電力が大きいとその分、充電切れになるリスクが高くなります。そこで、bluetoothを利用すればバッテリー切れのリスクを低下させることができ、長時間の利用が可能です。テザリングに用いられるのはwifiやbluetoothだけではなく、USBを利用して行われることもあります。有線であれば特に安定した接続ができるので、その点に魅力を感じる人もいるでしょう。

ポケットwifiの選び方を知ろう

このようにwifiにするかbluetoothにするかによって、テザリングでも特徴に違いがありました。出張など短期間ながらもインターネット環境が必要という場合は、ポケットwifiのレンタルがおすすめです。そこで、実際に製品選びをしなければならないという人もいるでしょうが、どのような製品が適しているのか知らない人も多いでしょう。 選び方のコツとして、まず速度に注目しましょう。速度はそれぞれの製品によっても異なります。例えばwifiの中にはLTE対応のものもあります。LTEは他の回線に比べて速いことで認知されています。そのため、そのような製品を選択すれば快適な速度を期待することができます。 その他の選び方のコツは大容量バッテリーが搭載されているかどうかです。基本的にポケットwifiは持ち歩いて使用する機会が多いです。持ち歩く時は当然充電できる環境がない人も多いので、もし充電切れになったらパソコンやタブレットでインターネット環境を利用することができない可能性があります。もし大容量バッテリー対応のものを選択すれば、他の製品に比べて充電切れになるリスクを少なくできるので、一定の利点を感じることができる人も多いです。

レンタルを利用しよう

現在ではポケットwifiをレンタルしてくれる業者があります。利用することで様々なシーンに活用できます。例えば海外在住の方で日本に旅行をする場合、一時的に滞在する日本で快適なインターネット接続環境を整えられるのは魅力に感じられるでしょう。旅行が終わったら業者に返却するだけというのも手軽です。他にも先述したように、出張先でもインターネットを使いたい場合や、引越し先にインターネット環境が構築できるまでの一時的な利用、さらにはどのようなメリットがあるのか試しに使ってみたい場合など、さまざまなシーンで活用でき、利用できる機会は多いので幅広い方が活用できます。 実際にポケットwifiレンタルを行う業者は多いので、選ぶ際には複数の業者が提示する料金価格を確認します。基本的に料金は利用日数で変動します。各業者で提示する値段が異なるので、比較をすることで自分の予算以内のところを選択できます。もし保障サービスを受けたい人は保障サービスを提供する業者を選択しましょう。もし保障があれば水没や故障をしたときでも保障がきくので安心して利用できると感じる人も多いでしょう。

wifiの周波数帯域による違いについて

wifiとはなにか

wifiの周波数帯域による違いを細かく見る前に、wifiとはなにかについて紹介します。wireless fidelityとはWi-Fi Allianceという団体がIEEE 802.11という国際無線規格に準拠した製品に発行しているブランドの名前です。あくまでブランド名なので、規格名自体はIEEE 802.11となります。ちなみに、IEEEはアイ・トリプル・イーと読み、同名の学会が定めた規格です。 wifiの規格はIEEE 802.11ですが、そのIEEE 802.11の中にさらに細かい規格があり、その規格によって使用できる周波数帯が異なります。IEEE 802.11の規格はIEEE 802.11aやIEEE 802.11bのように表記され、アルファベットはバージョンを示します。a~zの順で作られ、その後はaa~azとなります。 IEEE 802.11b、IEEE 802.11gで使える周波数帯域は2.4GHz、IEEE 802.11aでは5GHz、IEEE 802.11nとIEEE 802.11acでは2.4GHzと5GHzの両方が使えます。また、まだあまり普及していないもののIEEE 802.11abという60GHz帯を使うことができる規格も出てきました。以下では、現在一般的に使用されている、2.4GHz帯と5GHz帯それぞれについて特徴を見ていきます。

2.4GHz帯の特徴

2.4GHz帯はISMバンド、もしくは産業科学医療用バンドと呼ばれる周波数帯のうちの1つです。本来業務用に電波を使う場合は、免許が必要なのですが、ISMバンドの中で2.4GHz帯だけが免許がなくても使用できる周波数帯になっています。そのため、wifiに限らずさまざまな電子機器がこの2.4GHz帯を使用しています。自由に使えるというメリットがある半面、wifiに限らず、2.4GHz帯を使用している全ての機器に言えることですが、電波が混み合っているため、他の機器の影響を受けやすく、安定した通信が行いにくくなっています。 また、他の機器だけでなく、同じwifi機器同士でも干渉を起こして通信が不安定になってしまう事があります。これは、複数の機器が同時に通信できるように、周波数帯を分割した物をチャンネルと呼ぶのですが、2.4GHz帯のチャンネルは隣のチャンネルと重なっている部分があります。このことをオーバーラップと呼び、互いに干渉してしまいます。オーバーラップのないようにチャンネルを選ぶ事もできますが、その場合は本来13~14あるチャンネルのうち、3~4チャンネルしか使うことしかできなくなります。 しかし、悪い点ばかりでなくさまざまな機器が使っている関係上、互換性にすぐれ、また、法律による縛りも弱いため、屋外でもどこでも気兼ねなく使うことができます。加えて、比較的電波が遠くまで届きやすく、障害物の影響も受けにくいため、壁を隔てた場合でも通信の安定性にあまり影響がない点もメリットといえます。

5GHz帯の特徴

5GHz帯はISMバンドとは異なる周波数帯で、この周波数帯を使っている機器はまだ少ないため、他の機器の干渉を受けにくく、安定した通信がしやすくなっています。チャンネルの数も最大で19チャンネルあり、おのおののチャンネルで重なり合ってる部分がないため、その面でも通信の安定性は高くなっています。 しかし、5GHz帯も万能ではありません。wifiによる通信以外にこの周波数帯域をつかっているものに、気象レーダーや航空機のレーダーがあり、これらのレーダーに影響を与えないようにするため、5GHz帯を使用するwifi機器には、気象レーダーの干渉波を検出した場合、他のチャンネルへ変更するDFSという機能と、干渉を回避するために無線の出力を低減させるTCPという機能の搭載が法律で義務づけられています。また、他にも法律上の制限があり、チャンネルを切り替えた後、再び干渉がないか1分間調べる、レーダー波を検出した場合チャンネル変更と同時に一定時間アクセスできなくなるなどの制限があり、屋外での使用が禁止されているW52、W53というタイプもあります。そのため、屋外での使用が禁止されているタイプを窓辺に置くことは控えねばならず、空港の近くなどでは、2.4GHz帯以上に通信が安定しないこともあります。空港の近くでなくとも気象レーダーは日本中を覆っているため、突然ルーターとの接続が一定時間切れてしまう可能性はどこでもあります。遮る※物の透過性も2.4GHZ帯のものに比べると低く、壁を多く隔てると通信が安定しなくなります。屋外使用禁止の件もあわせると、タイプによっては、かなり設置場所が制限されてしまいます。 とはいえ、特定の条件を除けば、2.4GHz帯のものより5GHz帯のもののほうが早く安定した通信ができることには違いありません。

wifi規格対応無線LANルーター親機・子機の選び方

wifiは装置の名前ではない

wifiとは無線LANの規格の名称です。国際標準の規格を採用した機器に対して、特定の業界団体によって認可を受けることで認証されます。インターネットが一般に普及し、無線LANの黎明期である20世紀末には別メーカーはおろか自社製品同士ですら互換性が保たれておらず、実際に商品を買ってみるまで接続できるかわからないような状況でした。このままでは無線LANが普及しないと危惧したコンピューターネットワーク関連製品メーカー各社は1999年に無線LANの相互接続試験を行う業界団体を設立しました。そして2003年には相互接続が確かめられた商品に対して「wifi」のブランド名を与えました。wifiという名称は記号の羅列である本来の規格名ではなく、よりキャッチーな名前にするためにオーディオ機器で用いられる用語で高再現性を意味するHi-Fiをもじって名づけられました。後年「Wireless Fidelityの略」という由来が後から設定されました。 当初は家の中・部屋の機器を無線でつなぐのを目的としていましたが、メーカーを問わずさまざまな機器をまとめてインターネット接続できる利便性により、現在では街の各所に公衆無線LANのアクセスポイントが設けられるようになりました。なお、無線LANそのものを指してwifiと呼んだり、wifi規格の無線LANに接続するためのルーターをwifiと呼ぶことが特に日本の小売業や商業施設ではよく見られますが、これは完全な誤用なので、見かけた場合には「この“wifi”は本来何を指しているのか」ということに注意が必要です。

無線LANルーター親機の選び方

では“wifi”ことwifi規格対応の無線LANを自宅に導入する場合、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。電波をやりとりするためには双方に準備が必要なので、インターネットとの接続を行うモデムに無線LANルーターの親機を接続する必要があります。ルーターにはいろいろな種類がありますが、特に注目すべき点は家の間取りと対応している規格です。家電量販店や通販サイトでは、ルーターがどのくらいの規模の家に対応したものであるかが記されていますが、これは家の真ん中に設置したと仮定した場合の有効範囲です。ですので家の端のほうにルーターを設置すると、反対側の端まで電波が到達できない事があります。よってルーターはできるだけ家の真ん中に設置し、もし端に置かなければならないのであれば、実際の間取りより1部屋ほど大きい家に対応したものを選ぶと良いでしょう。次に規格についてですが、現在wifiに用いられている規格は2.4GHzと5GHzの2種類の帯域の電波を使用しています。電波は波長が短い=周波数が大きいほど直進しやすく障害物に弱い性質を持っています。そのため初期の無線LANでは2.4GHzを主に用いてきたのですが、wifi対応の機器が世の中に増えてくるにつれ、だんだんと電波が混み合ってきて、つながりにくくなる事が増えてきました。そこで障害物には弱いものの、直進しやすいので混線に強い5GHz対応の機器が登場しました。そのため、古い無線LANの親機は5GHzにしか対応していないことがあるので注意が必要です。

無線LAN子機はサイズに注目

もちろん、ルーターから電波を飛ばしてもそれを受け取る側がなくては意味がありません。スマートフォンや最新のゲーム機、ノートパソコンなどは最初からwifi規格の通信ができるようになっているものが多いですが、古いものを無線LANでつなぐ場合や、テレビなどの家電製品をつなぎたい場合には電波を受信する装置として子機が必要になります。子機もルーターと同様、さまざまな種類の製品が出ているので用途や予算に応じて選ぶ必要があります。 子機を導入する際に注目すべき点は、USB規格への対応とサイズおよび形状です。まず、子機の接続にはUSBポートを使用します。一口にUSBといってもさまざまな規格があり、見た目の形状こそ同じなものの、通信速度には差があります。2017年9月に登場予定の最新規格のものと、現在主流のものでは40倍以上も速度が違います。ただ、USB規格は上位互換性が保たれているので、子機と子機を接続する対象の低いほうに性能は合わせられます。しかし、最大性能を引き出せないというだけで使用上で支障が出ることはないので、USB3.0以上に対応する機器につなぐのであればUSB3.0対応のもの、そうでないならUSB2.0対応のもので十分でしょう。 一方、子機の性能に直接かかわってくるのがサイズと形状です。アンテナを備えた大型のものはルーターとの接続が安定していて、距離が離れていても問題なく使用できるのが長所ですが、大型ゆえに取り回しは悪く、値段も高くなりがちです。固定して動かさないデスクトップパソコンにつなぐのに適しているといえるでしょう。逆に小型のものは安価で持ち運びやすいので、持ち歩いて使うようなノートパソコンに向いています。

出張のときも安心のWi-Fiレンタルがある!

出張のときはWi-Fiレンタルを

日ごろ使うインターネットは、生活にとって欠かせない必需品になっている方も多くなっています。しかしながら、いつもはオフィスや自宅で自由に使えていても、なかなか快適に使うことができないタイミングもやってきます。例えば、出張のときなどが挙げられます。知らない土地に行くときは、無料で回線が使える場所がどこにあるかも分かりませんし、自宅から回線を持っていくというわけにはいきません。自分で使うだけならホテルのWi-Fiなども利用できますが、出張先で使うことになった場合、うまく利用環境が整うかどうかは分からないでしょう。 そこでおすすめなのが、ポケットWi-Fiのレンタルサービスを利用することです。このサービスを利用すれば、いつでもどこでもインターネット環境を使うことができ、快適なネットライフを送ることができます。仕事で出張というときは、どれくらい行くのか、どこに行くのかは人によってそれぞれです。国内で移動する人もいれば、国外に出る人もいるのではないでしょうか。海外となれば、ますます日本のようにインターネットを使えるかどうか分かりません。 しかし、Wi-Fiのレンタルサービスであれば海外に行くときも安心です。なぜなら、借りるときにはデバイスの種類をさまざまに選ぶことができるので、海外でも楽に使えるものにすることができます。また、利用する日数も選べるので、海外に行っている間ずっと借りっぱなしにすることができます。 海外に仕事に出ることは、何かと不安なことが多いでしょう。語学力や赴任先の環境など、気にするべきところはたくさんあります。しかし、インターネットさえ整っていれば少しでもその不安を和らげることができるので安心です。

出張先でレンタルするメリット

「短い期間だけだし、借りなくても何とかなりそう」と思っている方も多いかもしれませんが、今はインターネット社会の世の中ですから、無いと不便になるタイミングもあります。出張先でもWi-Fiレンタルをするとき、どんなメリットがあるのでしょうか。 一番のメリットは、わざわざ無駄な手続きをしなくてもすぐに使える便利さでしょう。例えば、急に調べ物をしなければならなくなったとき、すぐに取引先にメールをしなければならなくなったとき、インターネットが使えないのは非常に不便です。もし使ったとしても、回線がスムーズに繋がるかどうかは分かりません。だからこそ、さっと使えるWi-Fiを持っていれば、いつでもどこでも使うことができるので、業務をスムーズに行うことができます。 また、借りずに行くと、結局回線が必要になってわざわざ契約するはめになることも考えられます。普通ポケットルーターを契約するとなると、1~2年ほど契約期間が設けられることもあり、そうなると出張が終わってからも使用することになってしまいます。頻繁に遠出する機会があるのであれば問題ありませんが、この時しか使用しないのであれば、コストがかかってしまうので注意が必要です。 レンタルサービスを利用すれば手軽に使うことができますし、コスト削減にもつながります。ただでさえ手間のかかる出張ですから、仕事を便利にしてくれるインターネットがスムーズになっていると、ストレスもなく安心できます。着替えなどの生活必需品ももちろん欠かせませんが、インターネットを快適に使うためのルーターもその時の必需品として一緒に持って行ってはいかがでしょうか。

保障制度があれば安心

出張で外に出るとき、いつも家やオフィスで過ごしている環境とは違うことになります。電車や飛行機を乗り継いでいくこともあるでしょうし、どんなところで仕事をするか行くまで把握できていない人もいるのではないでしょうか。業界もさまざまでしょうし、インターネットを使う環境もさまざまに違ってくるはずです。そんなときに、それらの不安をカバーする保証がついていれば安心できるのではないでしょうか。 例えば、いくつかのWi-Fiレンタルサービスでは、水に濡れた場合に無償で別のデバイスと交換してくれるということがあります。出張先では何が起こるか分かりません。急に雨に降られるかもしれませんし、慣れない会議室で水をこぼしてしまうなど、機材が水に濡れてしまうことも考えられなくはないのです。こうした場合に、焦らずあたらしいものと交換してもらえるのであれば大変ありがたいシステムと言えるでしょう。 他にも、ぶつかってしまったり落としたりして壊れてしまった場合でも、故障保障をしてくれるところがあります。自分が普段慣れない場所で機材を使うのですから、もしかするとこうした事態になるかもしれません。故障したとしても、保障があると安心して使うことができます。 また、なくしてしまったときに紛失保障をしてくれるところもありますが、これは100%無償でというわけではなく、いくらか分は支払わなければならないでしょう。しかし、最初に保障制度に入っておけば、全額負担ということはありません。これらはすべて最初からついているというよりは、基本的に保証制度に入るか入らないかで決まってくることが多いので、借りる前にこうした保障制度をチェックしておきましょう。

引っ越しのときはWi-Fiレンタルを利用しよう

引っ越し中のつなぎとして

インターネットは現在、どこでも利用できるとても便利なサービスです。だからこそ、ほとんどのことをインターネットで済ませている人も多いのではないでしょうか。毎日の生活で、もはやかかせない存在として活躍していますが、そのインターネットをさらに便利にしているのが、Wi-Fiのシステムでしょう。ほとんどの家庭や企業、大学、公共機関、店舗などがそろって使っているサービスです。自宅で利用している人も多いことでしょう。 普段は放っておけば契約したプロバイダーがWi-Fiをつなげてくれますが、ときどき、Wi-Fiを使えずに困ってしまうことがあります。それがまさに、引っ越しのときではないでしょうか。引っ越しするときは以前のプロバイダーを解約し、新居で新たに契約することになります。しかしながら、引っ越すその日に解約して当日そのまま新居で使えるということはありません。それでは新居と旧居の両方で契約していることになってしまうからです。つまり、引っ越す当日はどちらか一方でしか使えないということになってしまいます。 また、引っ越しを機に別のプロバイダーに変更しようと思っているのであれば、なおさら時間がかかることもあります。インターネットは日々使う重要なものですから、困ってしまう人も多いはずです。最近はポケット式のものも増えていますが、これだけのために契約するのは手間です。 そこでおすすめなのが、レンタルをすることです。現在レンタルサービスが非常に増えており、インターネット生活をよりスムーズにしてくれるサービスが充実しています。急きょ1、2日だけレンタルしたいという場合でも、即日請け負ってくれるところもあります。こうした借りられるサービスを利用して、新しい回線が開通するまでの間をしのぐという方法もあります。

利用するときの注意点

こうした引っ越し中に借りられるWi-Fiサービスを利用するとき、「レンタルできるならどこでもいい」と決めてしまうのは得策ではありません。それぞれの専門業者に個性的なサービスがあったり扱っているルーターが違ったりと、特徴があるからです。一泊二日しか借りないのに、満足のいく速度で使えなかったり、不便に感じてしまったらストレスのもとになってしまいます。できることなら事前に選び、検討することが必要です。 選び方の一つに、通信可能エリアを調べるということがあります。都市部ではほとんど心配する必要がありませんが、郊外や山間部ではなかなか電波が届かずに苦労することもあるでしょう。そんなときに、都市部以外でも有効に使えるルーターを借りることはとても重要になります。ちなみに通信エリアは場所だけでなく屋外か屋内かでも状況が変わってきます。屋外のほうが利用しやすいものもあれば、屋内でもしっかりと回線がつなげるタイプもあります。 また、通信量や速度も気になるところでしょう。特にスピードを気にしないのであれば問題ありませんが、たとえば仕事で使うからできるだけ速い方がいいと思っていたり、動画を見たりするのであれば、通信量や速度をきちんと調べておきましょう。 最後に、どれくらいの日程で借りれば効率的かをしっかり判断するのもポイントです。たとえばレンタルしている間に回線がつながってしまったら、その分の借りた費用は無駄になってしまいます。いつごろくらいまでに回線をつなげそうか、目安をつけておきましょう。1日から借りることができますから、細かに日程を設定することができます。

借りる方法とは

Wi-Fiを借りたいけれどいったいどこで借りればいいのか、とお困りの方も多いのではないでしょうか。借りる場所は全国的にあり、ルーターのレンタルを請け負う専門業者があります。そういったところに依頼することでレンタルすることができるというわけです。こうした借りることのできる専門業者は複数種類がありますが、詳しくない人も多いことでしょう。そこでおすすめなのが、インターネットを利用して借りる契約をすることです。インターネットで検索してみると、さまざまな専門業者を見ることができます。そこから、自分の条件に合ったものを借りるようにしましょう。 専門業者にもよりますが、基本的には依頼から届けてもらうまでの手続きを、すべてインターネットで完結することができます。必要事項を記入し、送信すれば、業者の方で手続きをしてもらえ、商品が郵送で届くようになっています。引っ越しする少し前に契約しておけば、当日から使うことももちろん可能です。返却時は返送用の袋でポストに入れるだけで完結するというところもあるので、ホームページを見ながら手続きを行うとよいでしょう。 このように、新居に移動してからの数日間から数週間、なかなかインターネット環境が整わないときに、こうしたサービスを利用することはとても便利なことです。これらを知らずにいると、知らないうちに損をしてしまうかもしれません。インターネットは現在、さまざまなサービスを受けたり、仕事をしたり、生活のなかでも欠かせないものです。引っ越してからもスムーズに利用できるよう、事前に契約をすると新居に移ってからも快適なネットライフを送ることができます。

旅行など様々なシーンにWi-Fiレンタルを利用しよう

旅行のシーンにポケットWi-Fiは利用できる

ポケットWi-Fiは様々なシーンに利用できるので、実際に利用を検討している人もいるのではないでしょうか。今では購入だけでなくレンタルサービスを利用してネットワークの使用が可能です。そのため一時的に利用することが可能ですが、実際に利用できるシーンの一つとして挙げられるのが旅行です。日本人の中には旅行が趣味の人などもいるので、一年に一回は住んでいる土地から遠く離れた場所に足を運びその地域の文化や観光地などを堪能している人も少なくないでしょう。旅行する場所によっては長時間の移動を余儀なくさせられる場所も少なくありません。 例えば東京在住の人が大阪に足を運ぶ時、利用する乗り物によっても異なりますが、移動時間が長くなることもあります。移動をしている間、ネットワーク環境が利用できない場合、不便さを感じる人もいるのではないでしょうか。例えば旅行をする時にパソコンを持参する人は少ないですが、スマホやタブレットなどを利用する人は多いでしょう。キャリアの契約によっても異なりますが、LTEや4Gを利用して通信を行い、通信量が多いと通信制限に到達してしまう可能性があります。また、タブレットに関しては製品によっても異なりますがWi-Fiなどを使用しなければネットワークを利用できない製品もあります。もし利用できなければ不便さを感じる人も多いでしょう。そのような時にレンタル契約をしてポケットWi-Fiを利用すれば移動中の時間もネットワーク環境を構築することができるので、利便性を高めてくれます。 旅行をする時は旅行先にネットワーク環境が構築されていないケースもあります。例えば自然が豊かな場所に赴く時、宿泊をする場所にネットワークがない場合も少なくありません。また、実家に帰省する時、パソコンを親御さんが使用しないご家庭ではネットワーク環境が構築されていないケースもあります。もし宿泊先がネットワーク環境がなければ不便さを感じる人も多いでしょう。特に大学生や社会人の人が実家に帰省する時、論文の作成をしたり会社で使用するプレゼンテーションの資料を作成するケースもあります。パソコンを操作する時はネットワーク環境内ですぐに調べ物などができる状態で資料作成などをしたいと思う人も多いでしょう。もしポケットWi-Fiをレンタルすれば宿泊先にネットワーク環境が構築されていないケースにも活用すれば利便性を高められる可能性があります。

旅行以外にも利用できるシーンについて

旅行以外にもポケットWi-Fiのレンタルは様々なシーンで利用が可能です。例えば入院の予定がある人です。基本的に入院をする人は体の何処かに治さなければならないところがある人ですが、治療をするためには長い時間入院を余儀なくさせられる人も珍しくありません。特に長期間入院する時は退屈さを感じる人も多く、雑誌などではなくパソコンやタブレットを利用して動画を見たりしたいと思う人も少なくないでしょう。入院先によっても入院する人がネットワークを利用できないこともあるので、そのような人がレンタルを利用すればネットワーク環境を構築してタブレットなどで動画を視聴できます。 入院だけでなく、引越しにも活用することが可能です。大学や転職するために引越しをする必要がある人や、注文住宅を購入して完成したので引越しを検討している人も多いでしょう。引越しをした後、光回線がまだ敷かれていない状態で生活をしなければならないケースも少なくありません。そのため、不便さを感じる人もいますが、ポケットWi-Fiのレンタルサービスを利用すれば光回線を敷くまでの短期の間でも自宅にネットワーク環境を構築することができます。お試し利用をする目的で利用する方も珍しくありません。例えば、購入をする際の商品選びのためや、スピードを実感するために一時的に利用する人もいます。このように活用できるシーンはたくさんあるので、一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。

業者のサービスについて

現在、Wi-Fiのレンタルサービスを提供してくれる業者では、利用者の満足度を高めるために幅広いサービスを提供してくれます。例えばサービスの一つとして挙げられるのが、水漏れ、故障、紛失を保障するサービスです。実際にポケットWi-Fiを使用する時は持ち歩くことも多いので誤って外出先でトイレや洗面台の中に落としてしまう可能性があります。 もし安心保障サービスを利用すればそのようなトラブルが発生した時も費用負担を少なくすることが可能です。また、返却の利便性を高めるためにポストから返却ができる業者もあります。ポストは自宅周辺にある人が多く、比較的自然が多い田舎の地域でもコンビニなどを利用すればポストを利用できるところが多いです。業者の店舗まで足を運ぶ必要性が少ないので、利用しやすいと感じる人は多いのではないでしょうか。

入院時に短期間レンタルWifiを利用する

病院でインターネットを利用しても問題ない

このように言われると違和感を抱く人は少なくありません。それは「病院内でインターネットなどを利用しても問題ないのか」ということに対する疑問です。確かに病院内では携帯電話やスマホの利用は禁止としているところも多いです。これは携帯電話やスマホから発される電波が医療機器に対して悪影響を及ぼす危険性があることが理由です。しかしこの禁止事項も近年緩和の傾向がみられます。基本病院内では利用禁止にしている医療機関でも、決められたところであれば使用しても問題なしとしている病院も増えています。
また病院によっては、病室内であれば携帯電話やスマホを利用しても問題なしとしているところも見受けられます。さらに大きな病院を見てみると、無線LANサービスを導入しているところもあるくらいです。無線LANが完備されていれば、パソコンやスマホなどの端末があれば、どこでもインターネット通信ができます。
ただし無線LANが完備されている医療機関はごく限られています。さらに無線LANが利用できる病院でも利用できる時間帯に制約を設けているところもあります。また病院の中でも携帯電話やスマホを全面的に使用禁止にしているところもありますから、入院する前にインターネットが利用できるかどうか確認しておきましょう。もし利用できる、利用可能なエリアが館内に設けられているのであれば、前もってレンタルWifiの利用を検討してみるといいでしょう。

レンタルWifiを利用するメリットは

入院中にレンタルWifiを短期間利用すれば、データ通信が可能になります。これは大きなメリットです。しかもWifiに接続できる端末が手元にあれば、すぐにインターネットにつながります。ルーターが一つあれば、複数の端末が接続できます。例えば自分はパソコンでネットにアクセスして、お見舞いに来てくれた家族・友人はスマホで通信することもできるわけです。
入院期間中は暇なので、暇つぶしとしてスマホを持っていれば動画を見てしまうという人は多いです。検査以外は特別することがないので、人によっては動画を見て1日の大半を過ごすという人も少なくありません。もし自分の携帯キャリアの容量を使ってしまうと、あっという間に高速通信分の上限を使い果たしてしまう恐れがあります。月間データ量を使い切ってしまうと、速度制限がかかります。速度制限のかかった経験のある人はお分かりでしょうが、動画はもちろん、普通のホームページを閲覧するのもかなりの時間がかかってしまいます。そこでお勧めなのが、レンタルWifiです。Wifiに接続し視聴すれば、自分のデータ量を一切消費することはないです。しかもレンタルルーターの場合、スマホのように月間のデータ容量の上限を設定していないものが多いです。つまりのこりデータ量を一切気にすることなく、いくらでも動画を見て暇つぶしができるわけです。
先ほども紹介したように、入院期間は平均1カ月前後です。数日から数か月の短期間のために、モバイルルーターの契約をするのは賢明ではないでしょう。モバイルルーターの場合、いったん契約すると縛りが働き2年から3年は解約できないシステムになっている場合があるからです。解約できることはできますが、中途で契約を打ち切ってしまうと違約金が発生してしまいます。レンタルWifiの場合、1日単位でレンタルが可能です。このため契約の縛りもほとんどなく、気軽に申し込みできるのも魅力です。入院することになって、どのように期間中時間を使えばいいかわからないというのであれば、レンタルWifiを利用してインターネットを見て暇つぶしをしてみることもおすすめです。ネットを使ってメールのやり取りなども行えます。入院中は一切仕事ができないかもしれないと思っている人もいるでしょうが、Wifiを使えば作業ができるようになるでしょう。

Wi-Fiをレンタルしよう

Wi-Fiをレンタルするシーンについて

Wi-Fiは現代では使用している人は数多く存在します。例えば自宅や会社等に設置している人は少なくないですが、公共で使用できる製品を導入している人も多く、実際に幅広い場所で使用されています。現在、Wi-Fiの製品の種類は複数ありますが、馴染みが深いと感じる人が多い製品としては、設置型とポケット型です。自宅や会社などで設置をする時は光回線サービスなどを契約してその回線を使用してもらうために工事を依頼します。自宅に設置すれば自宅の範囲内で使用が可能です。 一方でポケット型は持ち運ぶことができます。持ち運ぶことができるので、自宅で既に光回線を設置している人でもポケット型を契約する人は珍しくありません。今では購入をすることも可能ですが、レンタルサービスを提供してくれる業者もあるので、レンタルを利用する人が多いです。ではポケットWi-Fiのレンタルサービスはどのようなシーンに利用することができるのでしょうか。利用シーンとしては出張になります。勤める会社や業種によっても異なりますが、会社員の中には頻繁に出張しなければならない人も少なくありません。出張をする時にはパソコンやタブレットを持ち歩くこともあります。出張先で商品の説明などをする時にパソコンやタブレットを活用したいと考える人は少なくないからです。しかし、当然出張先でインターネット環境を構築するためにはWi-Fiが必要です。そのため、レンタルを利用して持ち歩くことが可能です。また、レンタルにおいては、数日の契約ができるので、利用頻度によって利便性を感じる人も少なくないでしょう。 その他のシーンとしては引越しです。引越しをすることを検討している人も多いですが、当然自宅に光回線を設けるためには契約をしてその後に工事をしてもらうことになるので、インターネット環境構築に時間がかかるケースもあります。また、工事においては業者とスケジュールを合わせなくてはなりませんから、スケジュールの予約によっては、なかなか工事の予約を取ることができないことも珍しくありません。しかし、パソコンの操作や通信制限などWi-Fiが設置されていないと不便さを感じる人も多いでしょう。レンタルサービスを契約して使用することによって工事が完了するまでの一時的な期間、インターネット環境を構築することができるので、一定のメリットを感じる人も多いのではないでしょうか。

レンタルするメリットとは!?

レンタルを利用することで様々なメリットを得ることができます。メリットの一つとして挙げられるのが、最新機種を利用することができる点です。実際にサービスを提供してくれる業者の多くは新しい機種を準備してくれるところが多いです。機種が新しい場合、ネットワークを利用できる範囲が広かったり、バッテリーが長持ちするなどの利点を得られる可能性があります。その他のメリットとしては手続きが難しくないことです。 基本的に光回線においては複雑な手続きや工事が必要ですが、レンタルは郵送で契約書を送付したり、インターネットから申し込みをすることができるので、利用までのハードルを下げられる可能性があります。このように複雑な手続きが少ないので、時間に余裕がない会社員の方でも利用しやすくなっています。保障サービスを利用できることもメリットの一つになります。 保障サービスは業者によっても異なりますが、例えば水漏れ保障、故障保障、紛失保障などを提供してくれるところがあります。実際に利用を検討している人の中にはもし故障してしまったらどうしよう等の不安を抱えている人も多いです。そのため、保障があれば安心できると感じる人も多いでしょう。このように多数のメリットがあるので、この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

業者の選び方のコツ

実際にWi-Fiのレンタルサービスを提供してくれる業者は複数あるので、どのような業者を選択すればいいのかわからない人も多いでしょう。選び方にはコツがあるので、そのコツを参考にすれば後悔を少なくできる可能性があります。選び方のコツの一つには契約スパンを確認することです。スパンは各業者によっても異なりますが、短いスパンで利用できるところがあれば、一時的なネットワーク環境構築に役立てることができるので、一定のメリットを感じる人も多いでしょう。 実際に業者の中には年間契約不要なところもあるので、そのような業者を選択すれば一時的な利用に活用できます。その他のコツは初期費用や端末代金、通信費を確認することです。業者の中には無料で端末などを提供してくれるところもあるので、そのような業者を選択すれば利用者の負担を少なくすることができます。また、どのぐらいで使用が可能かも確認します。例えば、業者の中には届いたその日から利用できるところもあります。このようなコツを参考にして自分に合ったサービスを利用しましょう。